夢ですか?ジュンスがTVで歌える!

Posted by 智:AKL on   0 comments   0 trackback

http://www.ebs.co.kr/space/program/3741 ☜ 元記事ここから

翻訳機使用


Take My Hand XIA(キム·ジュンス)



XIAの曲「花」は、「Take My Hand(私の手を握って)」という歌詞で始まる。 荒い波風を乗り越えて、自分だけの音楽の道を歩いている、彼が私たちに投げるかけるメッセージだ。 ミュージシャンとファンの切実な心は、彼の音楽をここに導いた。 お互いの息が感じられ、手が届くだけのような、ここ、に。

最初の小劇場公演、6年ぶりの音楽番組出演!

2003年アイドルグループ「東方神起」でデビューしたXIA (キム·ジュンス)は、特有のハスキーな音色をもとにした優れた歌唱力、そしてパワフルなダンスで大衆の大きな愛を受けた。

JYJとして活動を開始した後、ミュージカル俳優として歩みを継続し、彼は『モーツァルト! 』『エリザベート』『ドラキュラ』など大作に相次いで出演し、第18回韓国ミュージカル大賞(2012)で主演男優賞を受賞するなど、実力のあるミュージカル俳優としての地位を固めた。

ミュージシャンとしての活動も疎かにしなかった。 ダンスとバラード、R&Bなど多様なスタイルが込められたソロ1集「Tarantallegra」(2012)は、 販売量12万枚を記録し、韓国ガオンチャートの設立以来、ソロアルバムの中で最高の販売量を記録し、日本のiTunes 1位、ドイツアジアンミュージックチャート1位など、国内外を問わず熱い支持を受けた。 また 、2集「Incredible」(2013)は、米国ビルボードワールドアルバムチャート5位を占めており、発売以来、北∙南米、ヨーロッパを含む全世界12都市のツアーを盛況の中におこなって、韓流歌手の威容を現した。

ミュージシャンとしてXIAを再証明する特別な舞台

2015年、XIAは3集「Flower」を発表し、彼の音楽的内面空白を証明した。 直接作詞∙作曲に参加して内面の話を曲の中に溶かし出し、ナオル‧タブロー‧斧‧YDGなど、様々なアーティストとのコラボレーションにより、新たな試みを均等に表わした。

XIA特有のボイスをドラマチックに表現したバラードからトレンディなヒップホップ、そしてエレクトロニックダンスまで多彩な表現と彼だけの新鮮な話法で青磁をつかむ。

最近 6年間ブラウン管で顔を見ることができなかったXIA。 彼は最終的にEBS『スペース共感』を通じて観客と視聴者の前に姿を現す。 お互いの息を感じることができるほどの小さなスペースで、彼の心の中に含まれていた率直な話と分けたい音楽を後悔せず披露する予定だ。

スターとしての姿だけでなく、ミュージシャンとして彼を再証明する特別な舞台を期待しよう。

「シン·ジュンヒョン、ソン·チャンシク、ジェイソン·ムラーズまで素晴らしいアーティストたちと一緒に EBS『スペース共感』に出演することになって嬉しいです。 毎回インタビューを通じて小劇場コンサートを夢見ると述べたが、夢が叶ったね。 私の音楽に幸せな共感得たいと思います。」 - XIA




http://m.mediaus.co.kr/news/articleView.html?idxno=47544&spi_ref=m_search_twitter ☜ 元記事ここから

翻訳機使用

ファンたち風なされた… JYJジュンス、EBS『スペース共感』出演
「私の音楽で幸せな共感を得たくて」


2015.03.26 16:29:28
キム・スジョン記者girlspeace@mediaus.co.kr


ファンたちの風が結局実現された。最近ソロ3集アルバムでカムバックしたキム・ジュンス(JYJ)がEBS 『スペース共感』に出演する。


▲キム・ジュンス ソロ3集アルバム タイトル曲「花」は去る13日KBS 『ミュージックバンク』の1位後譜曲の中の一つであった。この日「花」は2位を記録した。

EBSは26日報道資料を出してキム・ジュンスが『スペース共感』に出演すると明らかにした。

キム・ジュンスは今年の初め私魂、タブロー、斧、YDGなど多様なアーティストとの協業を通じて新しい試みを選ぶように表わしたソロ3集「FLOWER」を発表した。 キム・ジュンスはタイトル曲「花」で去る13日KBS 『ミュージックバンク』14日MBC 『ショー!音楽中心』でそれぞれ2位を占めたりもしたが、事実上放送出演が詰まっていて顔を出すことが出来なかった。

今回の公演を通じてキム・ジュンスは6年ぶりに音楽プログラムに出演することになる。この放送出演にはファンたちの強固な意志で行っていた。

彼のファンたちはアルバム発売当時EBS 『スペース共感』掲示板に着実に文を載せて交渉要請をしたことがある。キム・ジュンス出演の便りが伝えられるとすぐに今回は製作スタッフに感謝を伝える文が列をなして上がってきている。

最初に小劇場公演をすることになったキム・ジュンスは「シン・ジュンヒョン、ソン・チャンシク、ジェイスン ムラズなど立派なアーティストらと一緒にした『スペース共感』に出演することになりうれしい」として“毎度インタビューを通じて小劇場コンサートを夢見ると話したが夢がかなった。私の音楽で幸せな共感を得たい”という所感を明らかにした。

『スペース共感』の、イ・ヘジンPDも“視聴者と観客が何の偏見なしでミュージシャンの音楽に耳を傾けることができる舞台になるだろう”と明らかにした。

キム・ジュンス公演は4月13日午後7時30分、ソウル江南区(カンナムグ)EBS <スペース共感>ホールで開かれて、30日夜12時10分に放送される。 4月6日から4月9日まで『スペース共感』ホームページを通じて観覧申請ができる。


▲キム・ジュンス出演の便りが伝えられるとすぐにEBS 『スペース共感』ホームページ自由掲示板にはファンたちの感謝の文が相次いで上がってきている。




素晴らしい番組ですね。

①はコンサートツアーをやっているジュンスには当たり前な事

②③は羨ましいですね~

ジェジュンとユチョンもALBUM出したら出演可能?

ユチョンは厳しいかな~

@xia_zannuさんより
EBSスペース共感様の恐ろしいところ…

①一回の収録で普通10~11曲を歌う (←もうコンサートレベルじゃん)

②あとでそれをブルーレイでDVD発売してくれる(値段は39,000ウォン ←しかも安い)

③映画館とつなげて生中継(ファンの団体観覧)が可能




『SPY』では、番組紹介とか有りましたよね。

日本ではジェジュンとジュンスはラジオ出演もしています。

ジュンスは大阪のバラエティ番組にも出演

それにしても韓国で今頃になってどうして出られる事になったのかしら?

兵役を前にしてそろそろ出してもイイんじゃない?という雰囲気ですか?

これを機会に地上波3局でも解禁になって欲しいです。

先ずはジュンスから~

ジェジュンも もう少し時間があれば、歌手としてTV出演が叶ったのではないでしょうか?

そこが1番 悔やまれますね。

帰って来たら是非 音楽番組に出てね。


http://m.mediaus.co.kr/news/articleView.html?idxno=47540 ☜ 元記事ここから

翻訳機使用(意味不明のところはお許し下さい)

JYJ,ついに放送の春が訪ねてくるのか?

[ブログと]探索してみること
2015.03.26 15:14:18
meditator 5252-jh@hanmail.net

2012年11月28日、SMを相手にしたJYJの長くて訴訟の航海が終わった。 2009年7月31日SMの行き過ぎた長期契約と収益分配の不公正だということを提起して専属契約無効を主張して始まったJYJの訴訟は3年4ヶ月という時間を経て両側の合意で終えられた。

二十三、四才の時始まった訴訟がJYJメンバーが二十八、七才になって幕を下ろしたのだ。 だが、それが終わりではなかった。 訴訟中という理由で放送で探せなかったメンバーは訴訟が終了した以後にもドラマなど個別活動の他には各種音楽プログラムや芸能で探せなかった。 よっぽどでなければ2014年8月7日放映された『舌戦 – 芸能審判者』で評論家ホ・ジウンは地上波放送出演スケジュールがないJYJに対する遺憾を表示して、訴訟以後にも暗黙的に持続している放送関係者の出演禁止カルテルに対して非難をしたことがある。 だが、キム・グラなどが言及したように、各種音楽放送と芸能番組は強大な権限を行使しているいわゆる'放送関係者の沈黙のカルテル'が存在する限り避けられないという点を再認識する契機になっただけだ。


『真夜中のTV芸能』パク・ユチョン
そしてキム・ジェジュン



だが、2015年春、花冷え寒さをはね除けて探してみる春の日差しのように、放送と芸能番組でJYJの姿が少しずつあらわれ始める。
3月25日、既存8時55分で新しく11時15分で放送時間帯を変えて訪ねてきた『真夜中のTV芸能』は変わった時間帯よりさらに変わった新しい面目を見せた。すぐに'真夜中のレッド カーペット コーナー'で来週初めてデビューする『匂いを見る少女』の二人の主人公パク・ユチョン、シン・セギョンを招いたためだ。 いったい新しく始まる自社の平日ミニシリーズの主人公を放送演芸プログラムで招いたのが何の驚くことだというのか?

ホ・ジウンがSMをヴォルデモードと指し示したように、SMの強大な影響力は放送演芸プログラムでJYJの跡を消したし、パク・ユチョンは平日ミニシリーズの主人公ですでに何回目出演しても放送演芸プログラムで正しくなされた証明を受けたことがなかった。 さらに彼が出演した『スリーデイズ』の場合は'レッド カーペット'どころか製作発表会に対する記事さえまともに出てこなかったし、プログラム次に放映される『スリーデイズ』に対して放送末にSM所属ユン・トヒョンのコメントで、次に『スリーデイズ』が放映されるという止むを得ない紹介だけがあっただけだ。

そのような'プルロ'(?)処理とも同じ取り扱いに比較すれば、'レッド カーペット'というコーナーで単独でパク・ユチョンが出演するプログラムを紹介するのは大きな発展だ。 そこに、この日放送末には31日軍入隊を控えて最後のコンサートをするキム・ジェジュンのセルフ広報映像まで付け加えた。 隔世の感だ。


EBS 『スペース共感』の、キム・ジュンス



26日午前さらに驚くべき記事が登場した。 その間ミュージカル舞台で独歩的な活躍を見せたJYJキム・ジュンスが EBS『スペース共感』舞台に立つことになったということだ。 3月20日危機に陥った『私は歌手だ』にキム・ジュンスが適当というマイデイリー イ・スンロク記者の提案に続き、テナシア クォン・ソクチョン記者の『スペース共感』舞台ならばキム・ジュンスに機会を与えることも出来ないかという各種提案が登場して、ファンたちの涙ぐんだ請願が続いた中で、EBS側はキム・ジュンス EBS『スペース共感』出演を確定した。 他の二人のメンバーが放送が詰まったドラマなどの領域を通じてそれでも着実にファンたちと会う機会を得たのに反して、ひたすら音楽的領域に集中してきたキム・ジュンスだったので今回の出演はより一層発展的成果だ。
このように考えることも出来なかったJYJの放送出演は、だが振り返ってみればただ得られたのではない。来週初放送を控えている『匂いを見る少女』パク・ユチョンの場合、昨年『海霧』で各種映画祭新人賞8冠王に達する驚くべき成果を上げた。キム・ジェジュンやはり最近放映終了された『スパイ』を通じて主演としての位置づけを確実にした。 ミュージカル界でキム・ジュンスは何本かの指の中に入る売り切れ事態を呼ぶ主演であり、最近ソロ アルバムを持って日本とアジア各国をツアー中だ。 JYJとして三人の位置づけは韓流が停滞した中でも相変らず日本はもちろん、中国などアジア各国でその影響力は確かだ。 このように二十四才、二十三才訴訟以来個別的にあるいはグループで着実に積み重ねた彼らの努力がもう三十、二十九になったこの春では芽が萌え出ることになったのだ。


たとえ惜しい初めての足跡でも



もちろん惜しい。『真夜中のTV芸能』の終わりにセルフ広報動画をリリースしたキム・ジェジュンのコンサートは31日軍入隊を控えた最後のコンサートだ。軍隊を行く頃に少し短い広報動画を送りだすことになった境遇が片方では痛ましい程だ。パク・ユチョンやはり今年軍入隊を控えていてキム・ジュンスは来年入隊をする予定だ。 そうなると個別活動は各自2年後にでも、そして完全体としてのJYJの活動は3年以後に可能だ。 薄情だということすら感じた新芽でもある。
また、パク・ユチョンの『匂いを見る少女』に対する広報も泣きながらからしを食べる式だ。その前作『ジキル ハイド、私』があまりにも低い視聴率で放映終了をする境遇とか、『匂いを見る少女』を自らの製作するSBS側からは尻に火がついた状況で'沈黙のカルテル'を無力化させるだけのことはある。 また、果たしてこのような関心がハプニングではないのか、以後製作発表会と視聴率公約で言及した10%達成以後のもう一度レッドカーペット出演が成し遂げるのかどうかも見守らなければならない問題だ。 キム・ジュンスの場合も今やっと地上波でない教育放送出演が成し遂げた程度だ。 果たしてイ・スンロク記者の提言のとおり、地上波音楽舞台でキム・ジュンス 公演が成し遂げた以後ファンファーレを放っても遅くなかった。

それにもかかわらず、二十三才、四才のあどけない青年たちがもう三十頃の円熟した青年たちに成っていく時間を絶え間ない努力で満たしてカーテンの光をひらくようにさせるこの開花の場面は逃すことはできない。 感動の拍手を送る。




こちらの2つ記事は以前載せたものですが、今回『スペース共感』で 実を結んだので再掲させていただきます。

http://tenasia.hankyung.com/archives/463739

XIAキム・ジュンス初めての舞台を‘スペース共感’で見ることが出来ますか?

入力:2015/03/10 14:41:37
修正:2015/03/10 17:06:24

[テナシア=クォン・ソクチョン記者]

EBS ‘スペース共感’自由掲示板で大騷ぎが起こった。

最近正規3集‘フラワー(Flower)’を発表したJYJのキム・ジュンス(XIA)の舞台を見たいというファンたちの文が降り注いでいること。

10日この時刻(午後2時)現在‘スペース共感’ホームページの自由掲示板には長々5ページにかけて“キム・ジュンス公演をスペース共感で見たい”という文で壁貼りされている。

ファンたちの理由は切々である。 あるファンは“知っておられるだろうがジュンス様は放送活動が難しい状態です。 (新しいアルバム)収録曲を全て聞いてみればみなタイトルに出しても遜色ないほどのクオリティの曲らです。

このまま放送一度乗ることができなくて過ぎ去るのがとても残念でこのように出演申請をします”と文を載せた。

以外に数多くのファンたちが涙ぐましい理由とキム・ジュンス公演映像までリンクしてほとんど泣いて訴えるようにしている。 真心が感じられる理由がかわいそうだ。

毎週木曜日夜に放送される‘スペース共感’は2004年から10年超えて着実に放送されている国内屈指の音楽プログラムだ。

‘そちらに行けば本当に音楽がある’というモットーでクラシックからジャズ、ヘヴィメタル、R&B、ブルースなどジャンルを分けないで実力があるミュージシャンの音楽を入れてくる器役割をした。

‘スペース共感’はライブ公演を入れるのを原則にする。 だから主にMRを敷いて踊って歌うアイドル歌手は出演した前例が殆どなかった。 異例の2AMのチョン・ジンウンがバンドと共に‘スペース共感’に出て行ってソロ曲、2AMの歌をロック バージョンで編曲して公演したことがある。

こういう‘スペース共感’にファンたちが出演要請をするのは苦しいためだ。 東方神起でJYJで分離した後約6年の間音楽放送に出てきたことがただ一度もないためだ。

一昨年にはジュンスの正規2集‘インクレディブル(Incredible)’ショーケースを音源サイト メロンのメロンTVを通じて生中継しようとしたことが決裂するところである内紛を体験した。

JYJがTV中継舞台を持ったことは昨年仁川(インチョン)アジア競技大会と2010年演技大賞授賞式と同じ祝い舞台が全部であった。

これだからファンらではキム・ジュンスを音楽放送で見たい心が煙突のようにならざるをえない。 しかもキム・ジェジュンの入隊が確定した状況だとキム・ジュンスやはりいつ軍隊に行くかも知れない不安感もある。

キム・ジュンスを‘スペース共感’で見る可能性はどれ程になるのか? ひとまず‘スペース共感’はアイドル歌手を排除しない。 MRでない演奏と共にライブで公演するならばシャイニー、シーエヌブルーの出演も防ぎはしないということが‘スペース共感’側の立場だ。 そのためにキム・ジュンスが演奏者とともにライブで公演をするならば問題になる必要はない。

また‘スペース共感’は一般歌謡プログラムと違いPD、作家、企画委員が直接音楽を聞いて音楽性を中心に出演陣を決めるシステムだ。 だから一般歌謡プログラムのように放送局と企画会社間の利害関係が全く作用しないと知られている。

‘スペース共感’のある製作陣は“キム・ジュンスが優れたライブ実力を持つ歌手という事実を知っている。 もしアーティストが出演意思を明らかにするならば考慮してみる余地がある”と話した。

‘スペース共感’は150席の小規模公演会場であるEBSスペース ホールで録画をする。 もしキム・ジュンスがこちらで公演をするならば観客はすぐに目の前でキム・ジュンスが歌う姿を見ることができるだろう。

興味深く今回のアルバム‘フラワー’には通常の時より穏やかな感性の曲がたくさん入れられて小劇場でもしてみるに値する。

掲示板にあるファンは“聞いてみられたとすればご存知だが‘スペース共感’ステージとぴったりなほどの曲らが今回のXIAのレコードにたくさん収録されている。穏やかなバラードから始めてR&B、ポップなどの色々なジャンルが一同に調和した良いアルバム“これだと製作スタッフに音楽を説明した。

テナシア=クォン・ソクチョン記者moribe@




http://m.mydaily.co.kr/new/read.php?newsid=201503200720191116

[イスンロクの羅針盤]

危機の「私は歌手だ3」にJYJキム·ジュンスを提案する

JYJキム·ジュンス、危機の「私は歌手だ3」を救う適任者だ

[マイデイリー=イスンロク記者]

MBC「私は歌手だ3」が危機に陥った。 突破口が必要である。 JYJのキム·ジュンスなら可能である。

「私は歌手だ3 」の視聴率不振は深刻である。 第1回目の視聴率6.0%(ニールセンコリア全国基準)が、自己最高記録である。 7回まで一度もこれを越えられずにいる。 昨シーズンと比較しても明らかな不振である。 放送時間帯まで変えて2年ぶりに野心を持って帰ってきたわりには成績がみすぼらしい。

パク·ジョンヒョンなど出演歌手たちの実力はまだ優れている。 しかし、波及力や話題性は以前よりもないという指摘が出ている。 歌手履修の出演問題で議論が起きた1回が最高視聴率であることだけ見ても、それ以降の視聴者を引き込む、これといった問題がなかったことを知ることができる。

危機打開のためには、センセーショナルする歌手の出演が切実である。 ただし、すでに多くの歌手たちが「私は歌手だ」とKBS 2TV「不朽の名曲」を経ていて視聴者たちを満足させる実力のある新鮮な顔を発掘するのは難しいのが障壁である。

JYJキム·ジュンスこそ、すべての問題を解決する条件を備えている。 実力だけ見ても「私は歌手だ」に上がるに遜色ない。 アイドル歌手の中で歌唱力は断然最高とみなされ、ダンスの実力も優れている。 激しいダンスを踊る中でも、ライブでよどみなく歌うことができる実力派だ。

新鮮も満たす。 しばらくの間、放送で接することができなかったキム·ジュンスの実力を大衆が確認する機会を与えることになる。 同じグループキム·ジェジュン、パク·ユチョンがドラマで放送活動するのとは異なり、ミュージカルの活動に注力する理由にいろいろキム·ジュンスの出演だけでも大衆の大きな関心を引き付けることができる。 キム·ジュンスのミュージカルの舞台経験が「私は歌手だ3 」の音楽の多様性を広げる効果も期待される。 アイドル歌手の偏見を破るのにキム·ジュンス程ふさわしい歌手は珍しい。

特にキム·ジュンスの出演が実現した場合一つの事件として意味ある。 キム·ジュンスはもちろん、JYJは、結成後、歌手として放送に立つ機会を得られずにいますが、所属事務所の問題が解決されたが、これまで放送活動の見通しはまだ不透明だ。

キム·ジュンスが「私は歌手だ3」に出演すると、目に見えない障壁に遮られていたJYJが初めて歌手として公式出演する最初の放送がされる。 単純な放送出演以上の意味だ。 MBCも歌手の放送出演に公正な基準を持っているのだろうという事実を堂々と証明して見ることが出来る機会だ。 JYJの放送出演意志も、すでに長い間切実だったので、制作陣が手を差し出したときにする断る理由がない。

危機はすぐに機会だ。 積極的な交渉が答えである。 今のような不振には、シーズン3以降を断言するのは難しい。 鍵がすぐ目の前に置かれている。 手を伸ばしてみなさい。




画像お借りしてます。

iPhoneでブログ書いているので画像が不鮮明な時はミアネ~

皆様の訪問に支えられてブログ続けられています ❀.(*´◡`*)❀.

JYJブログ花咲けプロジェクトに参加中 (^з^)-☆ ←【JYJブログ花咲けプロジェクト】リンク集ここから飛べます。


FC2ランキング参加してます。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1115-352f2c96