パク・ユチョン笑わせる演技で女心を虜に

Posted by 智:AKL on   0 comments   0 trackback


ファンメイドのキャプ













SBS Facebook 動画

本放送くらい笑い炸裂するNG集!俳優たちも笑いを我慢するのが難しい程 現場は和気あいあい ☜ ここから


時と場所を分けないチェムガク(パク・ユチョン)の漫談練習. チェ巡査は今真剣です。油断して笑い炸裂したよ。ヨムミ見守っている???を見る ☜ ここから


今からムリムカップル漫談始めます!! 笑う準備して入ってきてください^___^ ムガク_今_真剣だ???かつら_きれいに使って_叫んでみる? ☜ ここから


ムリムカップルのギャグ漫談練習メーキング! しらじらしいチョリム(シン・セギョン)のチュェ~に見守ったムガク(パク・ユチョン)はピエロ 昇天中(ふふ) ??大きい笑い注意報???を見る ☜ ここから



SBS公式YouTubeより

SBS [匂いを見る少女] -グリーンライトメーキング



SBS [匂いを見る少女] -ムリムカップル・チェゴ~!





私はいつもユチョンを見て笑っています。

その笑いは嘲笑なんかではなく、ユチョンを見てると自然と笑顔になってしまう。そんな笑いです。

ふわ~っとして柔らかくてとろけそうな

ユチョンに沢山 笑顔を貰って元気出してる人、多いよね!

ファンには馴染みのある…面白さもユチョンの魅力の一つです。




以下の記事は翻訳機使用しています。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201504100803016310 ☜ 元記事ここから

‘ネムボソ’ユチョンさん、本当に恐ろしい人だね

2015-04-10 09:20:54 [ニュースエン パク・ヒア記者]

予想さえしなかった攻撃にぶつかった視聴者たちがいるだろう。 それだけ今回のパク・ユチョンの変身は風変わりで驚くべき事だ。 以前ドラマで見せてくれた‘間抜け’を越えてこのようにませてちゃっかりしていてずうずうしいギャグまでリリースするとは思わなかった。

去る4月1日放送された初めての回5.6%で始まった視聴率も徐々に上がって8%に向かって走って行っている(4月10日/ニールセンコリア基準). すなわち二桁視聴率までも狙うことが出来るようで期待が大きい。

その間パク・ユチョンが演技した役割を目を通してもこのように直接的に笑いコードを持つキャラクターはなかった。

パク・ユチョンはSBS ‘屋根裏部屋皇太子’でタイムワープで現代に越えてきた朝鮮皇太子になってあらゆる虚勢で笑いを与えたことある。 この程度がパク・ユチョンがその間見せた‘ギャグ’の全部であったこと.

ところで去る4月9日放送されたSBS ‘匂いを見る少女’ 3回では冷徹なキャラクターヨムミ(ユン・ジンソ)を笑うようにさせると4回最後に公開されたNGカットは一層大きい笑いを与えた。 図々しく漫談演技に没頭したパク・ユチョンのおかげでシン・セギョンとユン・ジンソが精神整えられないで笑う姿が放送された。

映画‘海霧’中のパク・ユチョンを記憶する人々は‘オ? パク・ユチョンどうしたの?’とあきれたかも分からない。 昨年各種映画祭で新人男優賞をさらった底力の中にコミカルな演技才能が隠れているだろうと誰が分かったのだろうか。 それでこのようなパク・ユチョンの変化は本当に当惑したことだ。 この頃SBSドラマスペシャル‘匂いを見る少女’視聴者掲示板をはじめ、各種オンラインコミュニティ掲示板にはパク・ユチョンに対する文等が退屈せぬよう上がってくる。

‘ハンサムだった’‘すばらしい’という馴染みの言葉の他に新しく追加されたことは‘笑わせる’という馴染みが薄い称賛だ。 今回の機会はパク・ユチョンにも良い機会に違いない。

東方神起出身歌手JYJパク・ユチョンでなく俳優パク・ユチョンがさらになじむ大衆に多様な面を持った俳優で記憶されるため。 俳優の立場では撮影会場の外を出た時“この悪いXX”あるいは“そんなに優しくてどうして”として劇中配役と自身を同一視する時堪え難さと同時に大きい喜びを感じるそうだ。

そのような意味でパク・ユチョンも誰より大きい喜びを享受する瞬間が遠くないようだ。 パク・ユチョンはすっきりしている容貌から感覚が鈍くて鈍く見える性格まで備えたチェムガク、すなわち‘チェ巡査’にそっくり吸収された。 日が進むにつれ可愛い演技に草木が水分を吸い上げるシン・セギョンと共にそれこそ恐ろしい勢いで視聴者たちを幸せにさせている。

“セギョンさん、恐ろしい人だね” MBC ‘ハイキック-短い足の襲撃’当時 俳優チョン・ボソクが歌詞コンパニオンで仕事をするシン・セギョンでしたこの言葉が浮び上がるとは。

今回の‘ネムボソ’中シン・セギョンのパートナーパク・ユチョンにも有効な話になった。 それこそユチョンさん、恐ろしい人だ。 その間キム・スヒョン、イ・ミンホなど20代終わりで30代に入る良い男俳優らと共に自分だけの領域を作ったパク・ユチョン.

キム・スヒョンがKBS ‘ドリームハイ’、SBS ‘星から来たあなた’等の色々な領域のドラマを消化できる力を見せたようにパク・ユチョンも今回の‘匂いを見る少女’でもう一度演技の幅を広げた。 もう三十路に入り込んだパク・ユチョンが軍入隊前に韓国ロコゲ(ロマンチックコメディギャグ)に強い足跡を残すことが出来るようで期待される。 ‘成均館スキャンダル’にも、‘海霧’にもなかったパク・ユチョンが視聴者たちに向かってうれしく手を差し出している。
(写真=SBS ‘匂いを見る少女’キャプチャー) パク・ヒアmuse@




http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201504101513079110 ☜ 元記事ここから

「ネムボソ」パク·ユチョンを見て、夜に興奮している

[ユンガイのTV土付け] 2015-04-10 15:39:57

ヨムルだからと。パク·ユチョンがまた一度女心狩りに成功した。出演するドラマごとに常に魅力的なビジュアルと目立つ演技力に目を引く、今回はまた、より新しい。ギャグするパク·ユチョン、可愛いパク·ユチョンの風変わりな姿が視聴率上昇の勢いにも力を加えた形である。

SBS水木ドラマ「匂いを見る少女」の4回が7.8%という自己最高視聴率を上げて同時間帯2位に上がった。競争作であるKBS 2TV「優しくない女」には及ばないものの、MBC「アングリーママ」はクリックして成績だ。さらに鼓舞的な事実は、初回から毎回視聴率上昇の勢いが続いているという点。 5.6%で始めたこのドラマは、目に見える上昇を見せて快調のスタートを切った。(ニールセンコリア全国基準)

ドラマがよく解けるにはもちろん、台本や演出も大きな役割をするが、なんといっても、パク·ユチョン、シン·セギョン二人の主演俳優たちの活躍が欠かせない。パク·ユチョンシン·セギョンは、本当に初めての競演?と思うほど相性の良い呼吸を誇示して特別なケミストリーで視聴者たちを誘惑した。

妹を失った事故で、痛覚を喪失した悲運の男チェムガク(パク·ユチョン)は、基本的にはダークな性格を維持するが、オチョリム(シン·セギョン)に会って、ますます意外な姿を取り出し見せている。コメディアン志望のオーチョリムとパートナーをになってギャグをするチェムガクの顔には暗い影が晴れて遊び心が立ち昇る。妹を殺した殺人犯を見つけるために殺人課に進出する過程では、線の太いアクションと複雑な感情演技が爆発した。

そうするうちに一瞬力を抜いて体ギャグや幼稚な言葉遊びを並べる時は、間違いなく少年のようでも。別名「マッパギ」かつらを使って奇怪な声をあげて当たり前のようにコメディをするときは、これまで見たことのない魅力と驚きまである。

実際のパク·ユチョンはいつも優しくて、遊び心多いことで有名だが、それでも演技をしながらはいつも真剣な方だった。これまで無口で、男性的な役割や痛みが引き立つキャラクターを主に演じていたが「匂いを見る少女」を介して、より多様な演技バリエーションが可能な事実を自ら証明する。

相手役シン·セギョンとのケミストリーも期待以上と評価。 「匂いを見る少女」は、当初ヒロインの座をめぐり、さまざまな意見が行き交った作品。最終的にキャスティングされたシン·セギョンも今まで支配的であった神秘的でダークなイメージを果敢に置いて、全身を投げ打って演じている。

二人の俳優が労を惜しまずに一緒に演技したら相乗効果が良いことは当然の事。少しずつお互いに向かうチェムガクとオチョリムの微妙な感情の変化に視聴者たちもびっしょり陥った。

パク·ユチョンは、水に合った。いけずうずうしくコミック演技をしながらも妹を失った痛みに嗚咽するなど感情​​の大きな起伏を上手に行き来する。洗練されたスタイル、時々すれ違う少年のような笑顔までビジュアルが温かいのはおまけである。水曜日、木曜日の夜にパク·ユチョンを見て興奮する女性視聴者たちよ、自重お願いする!(写真= 「匂いを見る少女」の放送をキャプチャ)ユンガイissue @




http://m.entertain.naver.com/read?oid=382&aid=0000338830&spi_ref=m_search_twitter ☜ 元記事ここから

‘ネムボソ’広告主も夢中に… 2049視聴率1位

パク・ユチョンとシン・セギョンに広告主も夢中になった。 SBS水木ドラマ‘匂いを見る少女’(イ・ヒミョン脚本、ペク・スチャン、オ・チュンファン演出)が2049視聴率で水木ドラマ1位を占めたこと。

去る9日放送された‘匂いを見る少女’(以下‘ネムボソ’)ではモデル チュマリ(パク・ハンビョル)の失踪事件を解決して特別捜査班に合流したチェムガク(パク・ユチョン)がもう一度オチョリム(シン・セギョン)の助けを受けてフィットネス トレーナーの疑問死を解決する姿を展開した。 この間に二人はお互いに向かった心も徐々に確認して行きつつあった。

ドラマはコミックとシリアス、そして冷徹さを行き来するムガク役パク・ユチョンと劇中コメディアン志望生らしくトントンと跳ねる魅力に匂いを見る設定を自然に演技するチョリム役のシン・セギョンのからだを惜しまない熱演が引き立って見えている。

おかげで初放送でニールセンコリア全国基準で5.6%であった視聴率は2回6.1%に続き3回7.0%、そして4回では7.8%を記録するなどずっと上昇の勢いにある。 4回瞬間最高視聴率は10.5%まで沸き上がった。

特にこの日放送分は20才から49才までの視聴率であり広告主の主要判断指標である2049視聴率では4.3%を記録してそれぞれ3.7%と2.6%に終わったMBC ‘アングリーママ’とKBS 2TV ‘優しくない女’を抜いて堂々と1位に上がる気炎を吐くこともした。 占有率でもこのドラマは男10代と30代、そして女10代、20代、40代で他社ドラマをずば抜けて先に立った。

SBSドラマ関係者は“‘ネムボソ’が毎回視聴率が上昇するところにこのように2049視聴率で1位で人気を得るには台本と演出、そして演技力3拍子が非常に調和が取れた上に優れた映像美とCGまで一役を買っている”として“今後もパク・ユチョンさんが演技するムガク、シン・セギョンさんが演技するチョリム、いわゆる‘ムリムカップル’がどんな活躍と共にぐつぐつあるロマンスを広げていくのか関心があるように見守ってほしい”とお願いした。

東亜ドットコム ホン・セヨン記者projecthong@donga.com 写真=SBS




動画・画像お借りしてます。

iPhoneでブログ書いているので画像が不鮮明な時はミアネ~

皆様の訪問に支えられてブログ続けられています ❀.(*´◡`*)❀.

JYJブログ花咲けプロジェクトに参加中 (^з^)-☆ ←【JYJブログ花咲けプロジェクト】リンク集ここから飛べます。


FC2ランキング参加してます。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1148-0afce18b