美少年アイドルは忘れろ & 悪役がドラマを面白くする

Posted by 智:AKL on   0 comments   0 trackback


ますます可愛くなるチェ・ムガク萌え画像






















8話の視聴率

TNmS 全国 9.2% ソウル 10.5%(1位)

AGB…全国8.3%(+0.2) ソウル 8.5% (+0.1)

TNMSによると、2015年4月23日(木)SBS「においを見る少女」(8回)の視聴率が9.2%(全国世帯基準)で前回(7.3%)に比べ1.9%p上昇した。
一方、同時間帯競争では、KBS2「優しくない女」(16回)が、前回(9.8%)に比べ1.0%p下落した8.8%の視聴率で2位、MBC「アングリーママ」(12回)は8.0%で3位


いよいよ物語が動き出しましたね。

ムガクの無感覚が治癒されそうな予感を出しつつ

クォン・ジェヒの冷徹なキラーの姿

2人は対極にいる人間ですね。


ムガク=愛する人を危険から守る

ジェヒ=欲望のままに殺人を犯す


これからの『ネムボソ』の見どころはユチョンとナグムン・ミンさんの演技対決でしょうか?

ナグムン・ミンさん、クォン・ジェヒの二面性を鮮やかに演じていて…ドラマに説得力を与えてくれています。

こういう裏の主人公がいなければ、表の主人公も輝きませんから~


以下は翻訳機と意訳(間違いがある時は教えて下さい)

http://m.entertain.naver.com/read?oid=025&aid=0002471039&lfrom=twitter&spi_ref=m_entertain_twitter ☜ 元記事ここから

[ヤン・ソンヒの特別な用事ある日]

強力係刑事の目付き、美少年アイドルは忘れろ

2015.04.24午前10:13




もう彼を俳優と呼ぶのが少しも厄介ではなく似合う。 ただの俳優ではなく、将来が期待されるとても良い俳優だ。 Kポップ韓流を導いたアイドルグループ東方神起オリジナルメンバーであり、今はもう人生のセカンドシーズンを成功的に歩んでいるパク・ユチョン(30)の話だ。

昨年スクリーン デビュー作『海霧』で各種映画賞をさらった彼は「ヨン・キド」(アイドル出身演技者)の代表走者だ。 音楽、演技など全方向的なアイドルパワーを象徴する人物でもある。 最近ではミステリー捜査ロマンチック コメディ『匂いを見る少女』(SBS)での味わいある演技で注目されている。


ミステリー捜査ロマンチック コメディ『匂いを見る少女』で連続殺人犯を追うチェ・ムガク巡査役を担ったパク・ユチョン.[SBS]


『匂いを見る少女』で彼が引き受けたチェ・ムガク巡査は妹を連続殺人魔に奪われてその衝撃で痛覚、味覚、嗅覚など感覚を失った男だ。 同じように両親が殺害された後記憶を失って代わりに匂いを見ることが出来るようになったオ・チョリム(シン・セギョン)とパートナーとなる。 オ・チョリムは匂いを見る能力でチェ・ムガクの捜査を助けて、チェ・ムガクはコメディアン志望生であるオ・チョリムの漫談パートナーになることに。

同名ウェプトゥンが原作であるだけに漫画的想像力を基盤として連続殺人、ロマンス、コミック漫談など多様な要素を混ぜ合わせた。 本格捜査物というには精巧さが不足してコミック漫談エピソードではいかにも強引なところも感じられるが、その多くの穴を埋めるのは二人の主人公の演技呼吸だ。

パク・ユチョンはきまり悪いほどのハゲ頭扮装と滑稽な語り口で精一杯壊れても何の事はないという無表情になるしらじらしい演技を披露している。 コミックと真摯、アクションとロマンスを行き来する演技だ。 普段の憂鬱さを取り出して明朗少女に変身したシン・セギョンも一役買った。 カップルのケミー(息の合った呼吸)のおかげなのかドラマは水木ドラマ視聴率1位に上がった。 視聴率と話題性などを総体的に評価するコンテンツ パワー指数(CPI)でも『無限挑戦』を押し出して1位を占めた(3月30日~4月5日).

パク・ユチョンの演技デビューは2010年KBSロマンス史劇『成均館スキャンダル』だ。 所属会社SMとの紛争が始まって3人組JYJで独立した次の年だ。 『未生』のイム・シワンでも『大丈夫だ愛』のド・ギョンス(EXOメンバー)等が小さい配役から始めたのとは違い一気に主役を横取りした。 貴公子風容貌にソン・チュンギ、ユ・アインに全く押されなかった印象的なデビューであった。 ビジュアルと演技力、国内外熱血ファン層をあまねく備えたスター誕生と注目された。 綺麗な顔に中低音の声、奥ゆかしい視線がロマンスヒーローにぴったりだった。



引き続きタイムスリップロマンス物『屋根裏部屋皇太子』(SBS・2012)ではコミック俳優としての可能性を見せた。 現代に来た皇太子がくたくたなジャージ姿で古い権威を振りかざし世情を知らないコミカルな演技で目を引いた。 以後彼の歩みはアイドル出身という肩書きを外す事に焦点を合わせているかのようだった。 東方神起時代のSweet gayのイメージを取り払おうとするかのように多様なジャンルと役柄に挑戦した。 犯罪と復讐で綴られた濃いメローの『会いたい』大統領と権力側の暗闘を描いた政治ドラマ『スリーデイズ』等だ。 配役も刑事、警護官などに集中した。

昨年の映画『海霧』はそのような歩みに頂点をつけた作品だ。 中国密航者を乗せて運ぶ船で繰り広げられるぞっとする事件を描いた映画だ。 キム・ユンソク、キム・サンホ、イ・ヒジュンなどそうそうたる演技派らとまともに呼吸を合わせた。その結果 青龍映画賞、大鐘賞、映画評論家協会賞、釜山映評賞など各種映画祭新人賞グランドスラムを達成した。

どこか保護本能と憐憫を刺激する彼の純粋な表情が、地獄のような空間に温かみを吹き込むのに成功したという評価だ。 製作者であるポン・ジュノ監督は「優れた俳優を私たちの映画界が得ることになったという事実が嬉しい』という話を残した。 評論家パク・インホは「映画の最後の場面で彼の顔は『海霧』を考える時一番最初に思い出させる表情になった」と書いた。

いつのまにか30才、もう彼はこれ以上10代少女を熱狂させる細い身体つきの美少年アイドルではない。 からだは結構貫禄が付いたし、主に刑事役が多くなって一時認められたファッション感覚や容貌の秀麗なことも覆って乗り越えて行く。

度々、TVカメラは頬のニキビ跡を正直に見せる。 彼はあるインタビューで「外見的に変えたくない。 ニキビ跡も良くて眉毛が無いのも良い。 眉毛の入れ墨をしろと言われるが、したくない。 以前にとても外見に気を使って生きて、もうそのようにはしたくないのもある。 派手なのはこうした席だけでしたい」と話した。 もう年齢と歳月について自然に人生と日常が滲み出る本物の俳優として生きたいという意味であろう。

彼の次期作はソル・キョング、コス、カン・ヘジョンなどと呼吸を合わせるミステリータッチの映画『ルーシッド ドリーム』だ。

旺盛な演技並に、彼の音楽を懐かしがるファン達にはまだ放送でJYJを見られないという点が惜しいだけだ。  

ヤン・ソンヒ文化部部長待遇shyang@joongang.co.kr
▲ヤン・ソンヒ記者のブログhttp://blog.joins.com/cooliekr/




http://mfune.sbs.co.kr/news_content.jsp?pmDiv=&code_category=&pmArticleId=E10006506615 ☜ 元記事ここから

『匂いを見る少女』殺人魔ナム・グンミン、彼はソシオパス(サイコパス?)であろうか

2015-04-23 14:14:38 [SBS funE ¦カン・ソンエ記者]



SBS水木劇『匂いを見る少女』(脚本イ・ヒミョン、演出ペク・スチャン、オ・チュンファン)が自らの最高視聴率を更新して常勝疾走中だ。連続殺人事件と関連したミステリーと男女主人公のわくわくするロマンスが適切に混ざって面白味を高めさせている。

特に最近の展開で劇中親しいスターシェフとして登場するクォン・ジェヒ(ナムグン・ミン)が事実は「バーコード殺人事件」の犯人という点が明らかになってドラマはますます迷宮に陥っている。ますます興味を増す『匂いを見る少女』(以下…ネムボソ)で視聴者たちの頭の中を炸裂するようにさせる三つの疑問点を取り出した。

◆クォン・ジェヒはなぜ殺人を犯すか?

クォン・ジェヒは温和な性格で周辺の人々をよく取りまとめて優しくて能力あるシェフとして認められている。 彼が実は人々を殺して腕にバーコード模様を残す奇異な犯罪者ということをその誰もが想像さえ出来ずにいる。

表面に見えるクォン・ジェヒはお金、能力、容貌、性格何一つ劣らない完壁な男だ。 そのような彼がなぜ殺人を犯すのか、サイコパスやソシオパスのような性格的問題があることなのか、でなければまた他の理由があることなのかまだ明らかにならなかった。

彼がなぜバーコード模様を死体に刻むのかやはり疑問だ。 また、該当バーコードを付けた本、犠牲になった者の名前が彫られたその本が意味するところが何かまだ現れなかった。 合わせて彼が犠牲者を拉致した後一週間後に殺人を行う背景もやはり気がかりだ。

◆黄金の魚?孤独な男?イ・ヒミョン作家の悪戯のような謎

クォン・ジェヒ シェフに殺される前にチョン・ベッキョン(ソン・ジョンホ)院長はクォン・ジェヒの家のCCTVを眺めて「黄金の魚は孤独な男に会わなくては」と話した。クォン・ジェヒはチョン・ベッキョンが残したこの言葉を再確認して意味を知ろうとしているところだ。

結局クォン・ジェヒはチョン・ベッキョンの引越し荷物が保管されたところを訪ねて行ったし、チョン・ベッキョンの図書目録に「黄金の魚」と「孤独な男」という題名の本があるということを知った。チョン・ベッキョンがした話はこの二冊の本の題名を繋いで言ったという事実だけがあらわれた状況.

『ネムボソ』のストーリーラインに重要な糸口であるこの言葉を持って視聴者たちの推測が列をなす。「クォン・ジェヒを気になるようにさせて後に続く行動を誘導するようだ」「クォン・ジェヒがオ・チョリムを探さないようにするために視線を分散させるためだ」「黄金の魚はオチョリム」「孤独な男はチェ・ムガクを意味するようだ」として多様な反応を取り出しておいて解答探しに出た。

◆顔認識障害クォン・ジェヒ、オ・チョリム=チェ・ウンソルという事を知っているか?

クォン・ジェヒがオ・チョリムがチェ・ウンソルという事実を知ってわざと自身のそばに置くものと思った。ところが22日放送された『ネムボソ』7回では新しい反転要素が登場した。クォン・ジェヒが顔認識障害によって人の顔を区別出来ないということ。

オ・チョリムは3年前両親を拉致した男、すなわちバーコード殺人事件の犯人を見た唯一の目撃者だ。その時犯人から逃げて大きい交通事故に遭ったし過去の記憶を失った。犯人は病院を訪ねて行ってオ・チョリムの実名「チェ・ウンソル」と同名の女子高生であるチェ・ムガクの妹チェ・ウンソル(キム・ソヒョン)を残忍に殺害した。

クォン・ジェヒはいつもオ・チョリムに親しい。 食事をご馳走したり、自身のレストランでアルバイトが出来るように助けた。 オ・チョリムはこのようなクォン・ジェヒを100%信頼している。 クォン・ジェヒがバーコード殺人事件の犯人というのが明らかになった後、クォン・ジェヒのこういう親しさがかえって慄然とさせた。 クォン・ジェヒが過去殺すことが出来なかった目撃者オ・チョリムにわざと接近したように見えたためだ。

ところでクォン・ジェヒが顔認識障害によってオ・チョリムの顔さえまともに認識出来ないというのが明らかになって、再び話が複雑になった。 クォン・ジェヒがオ・チョリムがチェ・ウンソルというのを最初から知ることが出来なかった可能性が出て来たためだ。

絶えず新しい心配点などを作り出して話に没入感を加えている。

カン・ソンエ記者sakang@sbs.co.kr




画像お借りしてます。

iPhoneでブログ書いているので画像が不鮮明な時はミアネ~

皆様の訪問に支えられてブログ続けられています ❀.(*´◡`*)❀.

JYJブログ花咲けプロジェクトに参加中 (^з^)-☆ ←【JYJブログ花咲けプロジェクト】リンク集ここから飛べます。


FC2ランキング参加してます。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1172-13d6a49a