『ネムボソ』14話 予告編 & 魅力的なジャンル破壊者

Posted by 智:AKL on   0 comments   0 trackback







Phone Wallpapers(cr.彤心_未泯)


150514 PREVIEW OF THE GIRL WHO SEES SMELLS EPISODE 14


<14話 テキスト予告>

ムガクはジェヒの家でヨムミを探すが、最終的に密室を発見出来ない。ジェヒはヨムミに6日の時間を与えるからヨムミの人生を完全にもれなく書くように指示する。一方、チョリムは自分の代わりに拉致されたヨムミの罪悪感に悪夢に苦しめられる...



予告編 間に合った~!



ユチョンの子犬顔に胸キュン『匂いを見る少女』のデートシーン ☜ ここから日本語字幕動画

『ネムボソ』ユチョンファン食事サポート36回も! ☜ ここから

パク・ユチョンの怒り爆発=視聴率上昇 [中央日報日本語版] ☜ ここから

「匂いを見る少女」JYJ ユチョン&シン・セギョン、目撃者保護を言い訳にスキンシップ“甘い雰囲気” ☜ ここから




以下は翻訳機使用です。意味不明のところはお許し下さい。

http://m.entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0003066163 ☜ 元記事ここから

[Oh!強いスター]パク・ユチョン、このように魅力的なジャンル破壊者

記事入力2015.05.14午後3:26
[OSEN=チョン・ジュンヌァ記者]



‘心どしんと誘発者’というパク・ユチョンを置いてする声のようだ。 SBS水木ドラマ『匂いを見る少女』以下『ネムボソ』)の中、彼の心の攻略法は二種類。 シン・セギョンとのぐつぐつあるロマンスでときめくドキドキをプレゼントする一方、ナム・グンミンとは対立点をたてて心臓をコシが強くさせる。 両極端を行き来するジャンルを消化しながらも動揺することがない演技力に没入感を高めている。

『ネムボソ』という硬くて有機的に編集されたストーリーラインにコミックとロマンス、真剣さと狂気を行き来する俳優の好演で好評を引き出している。 ぞっとする殺人事件が連鎖的に起きる状況にときめくピンク色の雰囲気を共に演出やり遂げながらも全く異質感がないということは珍しいほど。

連鎖殺人にからまったミステリーな事件が画面に登場する時はスリラーのようにゾッとさせるようにしながらも、一度笑うようにするコミカルなシーンとぐつぐつする場面がロマンチックコメディ頬打ちする雰囲気を形成する。 この境界をきわどく維持して行き来して見る味を極度に引き上げる演出がかなり賢い。

劇中ロマンスとスリラーを行き来する俳優はパク・ユチョンが唯一だ。 この俳優がドラマの中心を捉えているわけ。 両極端を行き来してジャンルを破壊している姿が魅力的だ。 ある作品で色々な魅力を見せることは容易ではないことなのに、キチンと完壁に近くやり遂げているところだ。

特に俳優らと作り出す呼吸が印象的. 去る13日放送でチェムガク(パク・ユチョン)は密着警護するという言い訳(?)でオチョリム(シン・セギョン)とぐつぐつあるデートを楽しんだ。 漫画を破って出てきたようなビジュアルで愛嬌をリリースしたり、無関心なように繊細にチョリムを取りまとめる姿はトキメキ指数を高めた。 先んじてギャグ コーナー‘ソウルの月’をパロディにしてコミカルな演技で視聴者たちを腹を抱えて大笑いするようにさせたことも。

ナム・グンミンと対立する時は180度異なる人になる。 サイコパス連鎖殺人魔クォン・ジェヒを演技するナム・グンミンは特有の目つき演技で好評を受けている中. これに対抗するパク・ユチョンのカリスマも絶対押されない。 チョリムとロマンスを広げる時のその人と同じかというほど荒くてタフな刑事の姿. 妹を殺した殺人犯を自身の手でつかむという意志を燃やす姿では男らしい魅力が漂う。

ジャンルを行き来するパク・ユチョンの全天候型演技はその間フィルモグラフィーを硬く確かめたので可能だったのだ。 多様な作品を通じて色々な役割を消化してきたパク・ユチョンだ。 いつのまにか芸歴10年目. 『ネムボソ』で見せてくれるロマンスは2010年『成均館スキャンダル』での経験が土台になった。 ずうずうしいコミック演技は2012年『屋根裏部屋皇太子』でヒントを得たものと見られる。 復讐のために犯人を追う姿はドラマ2013年『会いたい』で彼が演技したハンジョンウのアップグレード版を見るようだ。

演技経歴が積もって現場では余裕が出来てパク・ユチョンは撮影会場の雰囲気メーカーの役割を担当したりもする。 最近開かれた『ネムボソ』記者懇談会で俳優は「撮影現場の雰囲気が良くて困難なことも気にせずに撮影している」と口を揃えた。 主人公であるパク・ユチョンとシン・セギョンが作り出す肯定的なエネルギーが撮影会場に活力を加えているようだ。

彼の活躍に力づけられて去る13日放送されたSBS水木ドラマ『匂いを見る少女』は自らの最高視聴率(8.7%全国基準ニールセンコリア提供)を更新することもした。 もう放映終了まで3回だけが残った状況. パク・ユチョンがどんな活躍を広げるのか、どんな結末が待っているのか関心と期待が増幅されている。


http://linkis.com/me2.do/W2MmW ☜ 元記事ここから

『ネムボソ』パク·ユチョン - シン·セギョン、コンニャンコンニャン公園デート…「最高の1分」登板

2015.05.14午後1:45[SBS funE |ガンソンエ記者]



SBS水木ドラマ『匂いを見る少女』(脚本イフイミョン、演出ペク·スチャンオチュンファン)のパク·ユチョンとシン·セギョンが公園で楽しんだぎくしゃくデートシーンが「最高の1分」になった。

13日放送された『匂いを見る少女』(以下、『ネムボソ』)13回でチェンムガクとオチョリムは公園でアイスクリームを食べて自転車に乗るなど、恋人感覚溢れるデートを楽しんだ。ニールセンコリアによると、このシーンは、瞬間最高視聴率10.6%で、この日の放送の「最高の1分」に記録された。

『ネムボソ』13回は自己最高視聴率記録も塗り替えた。この日の放送は、ニールセンコリア集計全国基準8.7%の視聴率で12回分より1.8%P上昇し、従来の最高記録8.3%よりも高い視聴率を記録した。

また『ネムボソ』は、広告主の判断の指標である2049の視聴率で4.6%を記録し、それぞれ3.7%と3.3%にとどまったKBS 2TVの『優しくない女』とMBC『マントロントロト』を軽く抜いた。

SBSドラマ関係者は 「『ネムボソ』13回放送分では、ムリムカップルがスタンダードなデートを見せながら、多くの関心を引いた、最終的には最高の1分で登板した」とし「なるほど、残りの放送分の間に二人また、いくつかのぎくしゃくしたロマンスシーンを披露する中で「バーコードの連続殺人犯」であるジェヒをキャッチするための光らせてもスリリングなストーリーが展開されるだろうから期待してくれ」と言った。

一方、『ネムボソ』は、14日の夜10時14回が放送される。

ガンソンエ記者sakang@sbs.co.kr




動画・画像お借りしてます。

iPhoneでブログ書いているので画像が不鮮明な時はミアネ~

皆様の訪問に支えられてブログ続けられています ❀.(*´◡`*)❀.

JYJブログ花咲けプロジェクトに参加中 (^з^)-☆ ←【JYJブログ花咲けプロジェクト】リンク集ここから飛べます。


FC2ランキング参加してます

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1200-c43cb229