『ネムボソ』15回最高の1分 & パク・ユチョン[演技ドル伝1]

Posted by 智:AKL on   0 comments   0 trackback


SBS Facebook ☜ ここから

‪#‎냄새를보는소녀‬ 웨딩 비하인드 컷 공개!

극단원들은 물론, 초림(신세경)의 옷매무새도 챙겨주며
듬직한 신랑의 모습을 보여준 무각(박유천).

오마이쵀~도 즉흥 애드리브였다는 사실!
각렐루야~♬

#匂いを見る少女のウェディングビハインドカット公開!

劇団員はもちろん、チョリム(シン·セギョン)の着付けも用意してくれ
頼もしい新郎の姿を見せてくれたムガク(パク·ユチョン)。

オーマイチョウェ~も即興アドリブだったという事実!
ガクレルルヤ~♬






SBSさん素敵なシーンをありがとう!

ユチョンの結婚式ってこんな感じ?ウルウル


JYJ Official Facebook ☜ ここから

<냄새를 보는 소녀> 마지막회 스틸컷 공개!

<匂いを見る少女>最終回スチールカット公開!






ユチョンいい顔してますね~

(大きな写真は元記事から貰って下さいね)


<ネムボソ15話テキスト予告>


ムガクとヨムミ刑事はCCTV映像でジェヒがチョリムを拉致する場面を見て衝撃に包まれる。 一方チョリムはジェヒがよそ見をした瞬間に指輪を床に落として痕跡を残すけれど..

これまで匂いを見る少女を愛して下さった皆さんに感謝申し上げます。


http://m.entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0003071463&lfrom=twitter ☜ 元記事ここから

翻訳機使用

『ネムボソ』15回最高の1分は? 「パク·ユチョン、結婚式場で飛び出したシーン」

2015.05.21午後1:33 [OSEN =ガンソジョン記者]



SBS水木ドラマ『匂いを見る少女』でパク·ユチョンが結婚式場を駆けて行った瞬間が最高の1分になった。

去る20日15回放送分では、劇中ムガクがチョリムに香水とリングを利用したプロポーズシーンに続いて2人の水族館結婚式のシーンが公開された。

そうするうちにドラマの終わりに達してチョリムが花嫁控室で待機していた時にジェヒが現れた場面で緊張感は増幅された。

特に、この事実を知ったムガクが彼女を見つけるために急いで走って行ったシーンは、瞬間最高視聴率13.53%を記録し、この日、決定的なシーンに浮上したのだ。

おかげで『ネムボソ』はニールセンコリア全国基準9.6%で自己最高を記録し、それぞれ7.6%と7.5%にとどまったKBS2の『覆面検査』とMBC「マントロントロト』を軽く離しながら地上波3社ドラマの中で1位を占め、広告主の判断の指標である2049の視聴率では5.0%で堂々1位に上がったのだ。

SBSドラマ関係者は 「『ネムボソ』15回放送分ではムガクのチョリムへのキュートなプロポーズに続いて、幸せな結婚式のシーンが大きな注目を集め、そうして再び拉致されたチョリムを求めようとするムガクの姿が最高の1分で登板した」とし「残り一回で果たしてムリムカップルが再び幸せを夢見ることが出来るか、そして連続殺人魔ジェヒはまたどのようになるかも関心を持って見守ってほしい」と述べた。

『ネムボソ』は21日には最終回の放送のみ残している。…以下省略…
kangsj@osen.co.kr <写真> SBS提供


ユチョンが褒められているのを見ると本当に嬉しいですね!

以下はとても良い記事ですので是非 読んでみて下さい。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201505210746249110&spi_ref=m_search_twitter ☜ 元記事ここから

翻訳機使用と意訳

[演技ドル傳①]
「6年目」パク・ユチョンはどのように看板演技ドルになったか

2015-05-21 13:30



「演技ドル=演技するアイドル」世の中には演技ドルがあまりにも多く~俳優顔負けのビジュアルに鼻柱高い映画界さえも絶賛する演技力、歌を上手く歌って踊りだけ踊っても善く食べて暮すはずなのに、猫も杓子も演技をしたい!俳優たちのボウル(茶碗=飯の種)を脅かす演技者だけ集めます。

演技ドル傳1弾の主人公は、SBS水木ドラマ『においを見る少女』のパク·ユチョンです。

[ニュースエン、ユンガイ記者]

演技をするからと言って皆「演技ドル」ではない。ここ数年の間で演技ドルは豊作だとはいえ、実際に着実に活発に作品活動を続けていく場合は稀である。アイドルグループでデビューし適当に顔を知られて来たら、誰も彼も演技に挑戦状を出すだけ出して一回で終わるのが常だ。それとも演技力論議に包まれて噂なしにすっと消えてしまったり。

だからパク·ユチョンは演技洪水の中で大きな宝だ。 JYJのメンバーとしてアルバムを出して海外ツアーをきちんと回ってファンの声援に答えながらも、演技を副業として置いたことがない。数年間、彼は事実上 副業という言葉が無かったようにTVとスクリーンを行き来しながら、旺盛な演技活動を行った。去る2010年ドラマ『成均館スキャンダル』で演技に入門したので、足掛け6年目。 5年間で合計7本の作品に出演した。 『ミスリプリー』『屋根部屋の皇太子』『会いたい』『スリーデイズ』に至るまで、主にTVドラマに焦点を当てていたパク·ユチョンは昨年、映画『ヘム』でスクリーンデビューも終えた。

そして5月21日放映終了するSBS水木ドラマ『匂いを見る少女』のパク·ユチョンは内面が満杯になった「本当の」演技の底力をもう一度立証した。今回のドラマでパク·ユチョンは、シン·セギョンと一緒に主演して捜査物とロマンチックコメディを行き来する複合的なジャンルで真価を発揮した。パク·ユチョンは、これまでほとんどの出演作で多少重く落ち着いたキャラクターを演技した。主に痛みがあったり、傷を持ったりした事情多い人を代弁していたこと。『屋根部屋の皇太子』を除けば、出演作品のジャンル自体がかなり真剣で暗かった傾向もある。

ところが、今度は違った。 『匂いを見る少女』は、俳優パク·ユチョン、男パク·ユチョンで更に人間パク·ユチョンの多彩な姿を見せるのに最適だった。妹を事故で失い、無感覚な刑事チェムガク、基本的に暗く憂鬱な内面をベースにしたが、コメディアン志望オチョリム(シン·セギョン)に会って愛に陥ってはコミカルでがたがたした切ない魅力を吐き出した。妹を殺した殺人犯を探し回る刑事である時はこれまで以上によどみなく猪突猛進するが、愛する女性の前ではまた途方もない愛らしい男に変わった。パク·ユチョンは、捜査アクション・コミック・ロマンスなど、さまざまなコードが混ぜ合わさったこのドラマで適材適所最善の演技をして奮闘した。パートナー シン·セギョンとの演技呼吸まで肯定的な評価を得て、『匂いを見る少女』を水木ドラマ強者に置くことに成功した。

パク·ユチョンは『匂いを見る少女』放映終了と共に直ちに下半期封切り予定のスリラー映画『ルシドゥドリーム』(監督キムジュンソン)撮影に合流する。ソル·ギョング、コス、カン·ヘジョンなどが主演するこの作品は、「演技ドル」パク·ユチョンの2番目の映画になる。彼の配役や分量の具体的な情報は、まだ公開されていなかったが、今から期待感が広がっている。 2014年スクリーンデビュー作『ヘム』ただ1本で青龍と大鐘など大型の授賞式で新人男優賞を総なめにした実力によって、もう一度強烈な一発が期待される。

演技ドルだと運が良かったのだろうか。もちろんパク·ユチョンも他のアイドルのように有名な人気アイドルという理由で製作者たちの気を引くのに有利なのは事実だ。更にJYJがアジア及び海外市場で持つ存在感や影響力は想像以上である。従って、海外の著作権を考慮しても、ドラマ製作者や放送局の立場ではパク·ユチョンは、当然のことながらキャスティング順位No.1に上げられる俳優だ。

しかし、韓流アイドルだからと言って皆が演技ドルになることが出来ない理由がここにある。当面の市場性に期待してアイドルをキャスティングしたが、その都度落胆する製作者たちの溜息は今日も続く。パク·ユチョンは、韓流スターとしての市場性はもちろん、粘り強い仕事の歩みで蓄積した演技内面を武器に差別化された演技ドルに位置した。
(写真=『ヘム』『匂いを見る少女』公式スチール)ユンガイissue @


日本語記事クリックして読んで下さいね。

Cultwo Show チョン・チャヌ「JYJ ユチョン、今ラジオを聞いていると連絡が来た」

JYJ ユチョン「匂いを見る少女」最終回の撮影現場のビハインドカットを公開

JYJユチョン、演技の秘訣は几帳面なモニターにあった

JYJ ユチョン&シン・セギョン主演「匂いを見る少女」コンテンツパワー指数1位に!「無限に挑戦」を抜いた



動画・画像お借りしてます。

iPhoneでブログ書いているので画像が不鮮明な時はミアネ~

皆様の訪問に支えられてブログ続けられています ❀.(*´◡`*)❀.

JYJブログ花咲けプロジェクトに参加中 (^з^)-☆ ←【JYJブログ花咲けプロジェクト】リンク集ここから飛べます。


FC2ランキング参加してます。

最終回はどうなるの?ジェヒ怖い!
ちょっとストーリーに無理があるよね。
ムガクが死ぬとかは無しでお願いします!
今日は打ち上げあるみたいです。
本当にお疲れ様でした。
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1211-fdce32c1