「JYJ法」成立なるか? & ベク社長 Cjesカルチャーを立ち上げた理由

Posted by 智:AKL on   0 comments   0 trackback



ここから ⇒ 『スペース共感』PDインタビュー雑誌の翻訳 @MeineVitamineさんより



元記事 ⇒ http://m.isplus.joins.com/news/article/article.aspx?total_id=18039082&cloc=

翻訳機使用

イヒェジンPD 「キム·ジュンス、アイドル以外のミュージシャンとしての証明なるように」

入力2015-06-16 18:18:04


『スペース共感』側がJYJキム·ジュンスを交渉した理由は何だろうか。

EBS『スペース共感』イヒェジンPDは月刊「放送作家」に「2004年4月に始まった『共感』は、今年で11年になった。 誰を交渉するかが最も重要な部分である」と明らかにした。

続いて「ミュージシャンのアルバムはもちろん、公演内容とライブの実力、新に占める意味などの音楽に対する態度まで、すべての意見を交わした後、交渉するかどうかが決定される。 人気·ジャンル·形式·世代の境界をなくし偏見なしで音楽だけで出演するかどうかを決めるために努める」と「キム·ジュンスが6年ぶりに音楽放送に出演したということは、それ自体で、彼とファンに大きな意味を持っただろうが、私たちは、先に一般視聴者がTVを介して「素晴らしいミュージシャンが共感で歌うんだな」と感じてくれたら…と考えた。 キム·ジュンスが舞台でだけアイドルやスターとして消費されるのではなく静かにミュージシャンとしての証明がなることを望んだ」と言った。

最後に「いつもしてきたかのようにミュージシャンがステージで歌って人々が何を損なうことなく、その音楽に耳を傾けるようにするのがプログラムやミュージシャン本人にすべて望ましい方向だと思ったからである」とし、そのためか、ファンの感謝もありがたかったが「シア·ジュンスという友人が、元のあの歌をあんなに上手に?」という中年視聴者の反応がより意味のあるように近づいてきた」と述べた。

キム·ジュンスは去る4月に放送された「スペース共感」で6年ぶりに音楽放送に出演した。 「テイクマイハンド」というテーマで、小規模の公演でファンたちに会った。 自分が出演したミュージカルナンバーをはじめ、直接歌ったOSTこれまで発売したアルバム収録曲など総7曲を披露した。

キム·ジンソク記者superjs@joongang.co.kr



元記事 ⇒ http://m.news.naver.com/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=008&aid=0003490373

翻訳機使用(意味不明な所はお許しを)

[常任委員動向]
チェミンフイ「JYJ法」国会の敷居を超えたのか

記事入力 2015.06.16午後6:45[マネートゥデイイ·ハヌル記者]

【 [the300] 17日 米防衛法案 いわゆる「JYJ法」の議論のテーブル上がる】


アイドルグループJYJの単独コンサートのシーン。 /写真=ニュース1

○...国会未来創造科学放送通信委員会法案審査小委員会が17日に行われる。 16日の全体会議で42件の法案を想定した米の防衛は、この日の法案いわゆるなければならない立場がひかれた争点法案を除く案件を想定、処理する計画である。

米争点法案の中で最も顕著な法案はチェミンフイ新しい政治民主連合議員が、4月14日発議した「放送法」改正案である。

JYJ法は、前所属事務所以降、事実上放送出演が停止されたJYJの事例で知ることができる不当な放送出演停止を防ぐために用意された。

新しい政治民主連合は、このような放送出演停止を防ぐための政策の発掘のために「私は政治だ」サイトでホンジョンハク議員の「公正取引法」ゲジョンアンワ崔議員の「放送法」改正案をめぐり政策対決を展開するようにした。 その結果、崔議員の法案が多数の支持を受けて法案に発議された。

○...この法案は、放送法第85条の2に含まれた放送事業者がしていてはならない禁止行為規定のリストに理由もなく出演を防ぐ不公正な行為を加えた。 これにより、JYJの出演を防ぐ「見えない手」の活動を防止するという計画である。

実際にJYJは法案が提起された直後の先月30日、EBS「スペース共感」に出演6年ぶりに放送に出演した。 しかし、JYJの放送活動が繋がらない「大型企画会社の横暴」という批判の声も高まっている。

イ·ハヌル記者iskra@mt.co.kr



今回は残念ながら議案通過出来なかったようです。

日本語記事 ⇒ 「JYJ法」、韓国国会小委員会で通過できず!今後も審査を続ける方向


元記事 ⇒ http://m.yna.co.kr/kr/contents/?cid=AKR20150616176400005&input=1195m&mobile

翻訳機使用(長い記事なので間違いがあったらごめんなさい)

『デスノート』の制作会社代表 「毎年 一編は新しいミュージカル披露」

2015-06-17 06:30(ソウル=連合ニュース)グォンヒェジン記者

ミュージカル製作会社シジェスカルチャー設立したペク·チャンジュ代表インタビュー


「『デスノート』を皮切りに、毎年音楽作品一編程度は着実に披露しようとします。」

公演製作社シジェスカルチャーを設立したペク·チャンジュ(38)シジェスエンターテイメント代表は15日、ソウル鍾路区素材カフェで連合ニュースと会って「観客がよりミュージカルに簡単に近付くことができる雰囲気を作りたい」と、今後の公演計画を明らかにした。

べク代表は、昨年12月に芸能企画会社シジェスエンターテイメントの子会社形態でミュージカルを含む公演制作を担当するシジェスカルチャーを立ち上げた。
過去所属俳優たちが出演するミュージカルに共同制作で参加したことがあるが、今は独自に制作に乗り出すことだ。
3人組男性グループJYJの所属事務所として大衆に知られたシジェスエンターテイメントは最近ムン·ソリ、ファン·ジョンウム、イ·ボムス(ご自身の事務所を持つということで契約解除)、クモ、カン·ヘジョン、ソル·ギョングなど大型芸能人を相次いで獲得し、芸能界での地位を固めている。

そのようなシジェスエンターテイメントは、公演専門制作会社の設立を発表すると、公演界に及ぼす波及力に業界内外の関心が集中した。

べク代表はしかし、「マネジメントと制作は違うと考えて最初から会社を別に立てただけ」と新事業への進出に特別な意味がないと線を引いた。
彼は「エンターテイメント社が最近制作にも事業を拡大する雰囲気」とし「エンターテイメント社が生き残るため、自然に制作まで手掛けただけだ」と改めて強調した。

べク代表はといえども、「どうせ始めたならば適切にやってみたい」と語った。
そんな彼が選択した最初の作品は、日本のライセンスミュージカルである『デスノート』だ。同名の日本漫画を題材にしたこの作品は、日本現地でも、4月に初演された新作である。

国内でもここ数年、新しいミュージカルの舞台に活動領域を広げたJYJのキム·ジュンスと英国ウェストエンドに進出して帰ってきたミュージカル俳優ホングァンボが出演する。

キム·ジュンスとホングァンホという二人の俳優に支えられ、この作品は、1、2次チケット販売の両方共 全回、全席、売り切れという新生制作会社の作品では異例の記録を立てた。

べク代表は『デスノート』を選択した理由について、「俳優二人がツートップに出てくる音楽をしてみたいと物色している​​時に知った」とし「最初の作品であるだけにお金も考えずに最善を尽くしている」と広報した。

実際に彼はすでにチケットが完売された状況で『デスノート』を事前に会ってみることができる展覧会を開催したり、出演俳優たちが登場するミュージックビデオを制作して、YouTubeなどに公開した。既存のミュージカル市場では珍しいイベントに観客たちは歓呼した。

べク代表は「ある人はチケットが売れたのに無料で展覧会を開いて、ショーケースをするのかと言う。しかし、収入を追うためならば、他の仕事を選択した」とし「『デスノート』で見事にデビューしたい」と述べた。

彼はインタビューで、「演出など全過程を専門家に任せているが、それを行うことが出来るよう手伝う役割をすることとしたが、展示会などのイベントは、すべて彼が直接出したアイディアと分かった。

彼は「芸能の側で用いた宣伝方法を適用してみた」とし「ミュージカルだからと完全に違うとは思っていない。既存のミュージカルの分野に新たな方法を導入して変化を起こしたい欲もある」と述べた。

彼は何よりも観客が大衆文化に接するときとは異なり、音楽に対して感じる距離感を縮めてたいと述べた。

また、制作会社が観客に近付こうと試ることにより、ミュージカル市場の規模自体が現在よりも大きくなる余地があると見ている。彼は「ポータルサイトにショーケースイベントを生中継したのも同じ脈絡だ」と述べた。

べク代表は「ポータルサイト中継や展示イベントが観客を動員し集めるためのものではないかという視線がありそうだ。ミュージカルといえば、何かの知識を必要とし、困難なジャンルのような感じがありますが、大衆が十分に楽しむことができる文化だと思う」とし「私たちの仕事を介して音楽というジャンルをより簡単に触れている」と強調した。

彼はだからと言って会社が慈善事業をするものではないと付け加えた。
所属俳優たちがシジェスカルチャーを介して舞台に立ち大衆と会う接点が確保されれば、それも少なくない意味があるというのが彼の説明だ。

彼は「放送ではなく、舞台に立って直接観客と会いたい俳優たちが多い。代表として所属俳優たちに自然に作品に出演する機会を提供しようと事業を開始した側面もある」と述べた。

また、比較的活動の機会が少ない所属俳優や歌手に観客と会う機会を与えることも容易だと「俳優たちがこのような機会を通じて、満足感を得るならば、これは最終的にはC-Jesに役立つだろう」と述べた。

べク代表はそのために 「年に一編 程​​度は着実に上げたい」と計画を出した。
ミュージカル市場に参入しただけに必要な場合は、ミュージカル俳優獲得も積極的に推進すると述べた。

より長期的な視点で演劇作品を披露することも検討していると述べた。
べク代表は「昨年所属俳優カン·ヘジョンさんが出演した演劇『リタ』を見ながら、スターたちが舞台に進出すれば、成功の可能性があるという気がした」と述べた。

彼は「ちょうど俳優と時期、作品がよく噛み合わなければならない。どのようなビジネスでもタイミングがある。関心を持って見ている状況だ」と付け加えた。



画像お借りしてます。

iPhoneでブログ書いているので画像が不鮮明な時はミアネ~

皆様の訪問に支えられてブログ続けられています ❀.(*´◡`*)❀.

JYJブログ花咲けプロジェクトに参加中 (^з^)-☆ ←【JYJブログ花咲けプロジェクト】リンク集ここから飛べます。


FC2ランキング参加してます。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1251-d6632ea6