『デスノート』レビュー & FCMEN & ジュンスの日本ファンミ

Posted by 智:AKL on   0 comments   0 trackback

元記事 ➡︎ http://m.news.naver.com/read.nhn?mode=LSD&sid1=001&oid=018&aid=0003335416

翻訳機使用(難しい内容なので間違いがあったらごめんなさい)

[文化大賞この作品]
『デスノート』が残したいくつかの長所

記事入力 2015.08.31 6:17


- -審査員レビュー

-ミュージカル『デスノート』

-華やかさ抜い心理変化に集中

-ワンキャスト俳優賞賛するだけ



ミュージカル『デスノート』の一場面(写真=シジェスカルチャー)。

[イ・ユリ韓国ミュージカル産業研究所長・長江ミュージカルプロデューサー]

様々な話題が相次いだミュージカル『デスノート』が去る15日幕を下ろした。 それほど慣れず完成していなければ弱点もあるはずなのに、なにしろ韓国ミュージカル市場を豊かにした作品であることは間違いない。

まず、韓国ミュージカルの多様性に一役買った。 大劇場ミュージカルの舞台は常に壮大なスペクタクルである。 全くと言っていい程『デスノート』の舞台は、単純である。 黒と白、線と面を象徴的に強調し切除・シンボル的映像と回転ステージだけで心理や状況の変化を示す。 死神のファンタジー空間と俳優たちがテーマを直接熱唱する主要な場面を客席と密着させ、舞台は空の音楽を満たす選択をした。 韓国の観客に精通している派手な見どころを蹴り出して話題伝達と人物の心理、世界観の関係性に集中したものである。

踊っていないアンサンブルも見慣れない。 しかし、彼らこそ演出家栗山民也のメッセンジャーだ。 切除され、象徴的な動きで空虚な匿名性、無責任な集団性を極大化して冷たい舞台で一体であるように生命力を加えた。 アンサンブルは、公演中「キラ」に熱狂するリエンタープライズ(前出の曲を再演したり、バリエーションすること)で不条理な現代社会の集団狂気を示しジュダガ❓結末で死のレクイエムを合唱し、非現実的に強調する演出の度に力を乗せる。 調味料に飼いならされた味覚を有機食事に浄化するように観客に淡泊をプレゼントした要素である。

『デスノート』の漫画原作はこれまで映画・アニメ・ドラマなどに変身してきた。 そしてミュージカルで再誕生した。 映像メディアの文法で見れば、ミュージカルはロングテイクプルシャッである。 だから演出は俳優の歩き方から代謝・呼吸まで各自のキャラクターを区別するために重点を置いた。 また、原作で「エル」と「ライト」に限定した対立と葛藤を「レム」と「リューク」、「ミサ」と「理由」、再び「エル」と「宗一郎」で、主要人物の関係性に拡張した。 フランクワイルドホーン特有の感性が豊かなデュエット曲は2時間で音楽的に完成しなければならないミュージカルドラマの特性をよく生かした。


ミュージカル『デスノート』の一場面(写真=シジェスカルチャー)。


レムを操縦してエルを自殺させたライトがついに新世界の神に完成される瞬間も絶妙である。 退屈を紛らわすために、死のゲームを楽しんできた死神リューク、大きくなるもう一つの退屈を感じライトさえデスノートの対象に消滅させる。 正義と愛、退屈と虚無を横糸と縦糸として教職する構成に運命論的な主題意識を強調した演出の図を鮮明に表わした結末である。 そうミュージカルは原作を忘れさせる。

俳優たちのワンキャストの苦労は教訓だった。 ホン・グァンホ、チョン・ソナ、ガン・ホンソク、パク・ヘナや、ここに文字の分析と創造がユニークなキム・ジュンスまで。『デスノート』の俳優たちは、韓国ミュージカルの未来を担う最高の軍団だった。 歌唱力と演技力、舞台吸引力、役割の作成まで感動的なハーモニーを成した長期公演をよく消化した。 俳優たちが同時に複数の役割を行ったり来たりして、マルチキャストで売る今の韓国風土で拍手を受けることである。

文化部(culture@edaily.co.kr)




日本でジュンスのミュージカルを見ることが出来ないなら…せめてゲキシネみたいな感じで…上映して下さらないかしら?

でも…ミュージカルは生ものだから~難しいのかな?

それと…日本人を韓国へ向かわせる魅力の一つとしてミュージカルが貢献している現実もあるしね。




ここから ➡︎ FCMEN公式サイト

動画あり ➡︎ korepo「取材レポ」JYJジュンス率いる「FC MEN」、チャリティーマッチ記者会見で意気込み「ジュンスは勝負へのこだわりが強い!」




ジュンスの日本語…かわいいね。

@1215thexiahtic: みなさん、こんにちは。
わたしがとすかーなホテル1しゅうねんきねんこうほうのふぁんみーてぃんぐを9月26日、27日にとうきょうとこうべですることになりました。
みなさんのあついおうえんをおねがいします。




詳しくはここから ➡︎ XIA FIRST LOVE MEETINGオフィシャルサイト

XIA FIRST LOVE FANMEETING GOODS PREVIEW


ホテルでのディナーショーみたいな感じでジュンスを見られるのかな?

美味しいディナーを食べながらジュンスの笑顔とプリケツを間近で見られる?

ちとお値段が…でも、韓国ツアーに比べたらましかな?シアペンさんファイティング!

チケット料金 54,800円也

グッズはジュンスのプロモーションビデオの入ったUSB 10,000円也

ジュンスの笑顔 プライスレス

ジュンスのプリケツ…\(//∇//)\




ユチョンのファンミもお高いと思う私には手の届かないチケットだわ~

私のジュンちゃんは何処まで行っちゃうのかな?

せめてコンサートはお財布に優しい感じで…




動画・画像お借りしてます。

iPhoneでブログ書いているので画像が不鮮明な時はミアネ~

皆様の訪問に支えられてブログ続けられています ❀.(*´◡`*)❀.

JYJブログ花咲けプロジェクトに参加中 (^з^)-☆ ←【JYJブログ花咲けプロジェクト】リンク集ここから飛べます。


FC2ランキング参加してます。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1339-16fcd885