正義はどこにあるのか?

Posted by 智:AKL on   2 comments   0 trackback



ユチョンに正義を!



#JusticeforYoochun
#박유천





韓国にも正義を守ろうとする人がいてくれて安心しました。

これから検察がどのような判断を下すのか?

一方の証拠のみで送検になること事態が疑惑を募らせます。

苦しい状況ですが…静かに見守りたいです。


こちらは転載不可なので抜粋させていただきましたが…翻訳付きですので是非見に行って読んでみて下さい。きちんとした文章なのでだいたいの意味は分かり易いかと…

⬇︎︎︎︎︎︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

ウェイボ翻訳付き

シンジョンボム氏(法律事務所 弁護士、
前軍検察官、国防総省訴訟総括)のブログ ➡︎ 【ホーム連載】シンジョンボム弁護士の法廷の話(57) パク・ユチョンと姜正浩 2016.07.15


抜粋

前略…

事件はさらに大衆の関心を増幅させ、インターネットやメディアを熱くした。カメラは、パクさんの所属会社とパクさんが公益要員として勤務する職場にレンズを合わせてパクさんの一挙手一投足を入れた。

パクさんは、丈夫な体格の保安要員たちに囲まれ、ようやく勤務地を行き来することが出来た。保安要員のすき間から撮られたパクさんの姿は、あまりにも憔悴して、韓流スターという修飾語が無色だった。

捜査結果はとにかくパクさんは既に大衆から重刑の宣告を受けたようだった。

そして、1ヶ月後、警察がパクさんの4件の****告訴事件のすべて無嫌疑処分するという報道が出て来た。

しかし、パクさんの無嫌疑報道は、国民を犬、豚に例えた某高官事件、サド配置など大型の他の事件に位置を出してくれて短く行われた。

今のマスコミも人もパクさんの無嫌疑処分については、興味が無いようだった。

…中略…

パク・ユチョンは、捜査結果が出てくる前に、すでに犯罪者の烙印が押され、メディアの関心と大衆の冷たい視線にさらされ芸能活動はもちろん、日常的な生活さえ不可能な程になった。

…中略…

「無罪推定の原則」は、私たちの憲法にも規定されている刑事訴訟における大原則である。

また、私たちの刑法は、捜査機関が公判請求前に被疑事実を公表すると刑事罰するように規定している。


果たしてこれらの原則は、パク・ユチョン事件で保たれたのか疑問である。

私たちは、最終的に裁判所で無罪判決を受けたにもかかわらず既に起訴前に確認されていてもいない被疑事実が報道されて回復することが出来ない被害を受けた事例を見ることになる時がある。

大衆の本能の好奇心を知る権利という名前で包装して、個人の人権を侵害することがあってはならないだろう。


…後略




こちらも私が翻訳機を使って意訳をしてもきちんと伝えられないので下をクリックして是非読んでみて下さい。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

グーグル翻訳付き

イギリスの弁護士の方がDCギャラリーに寄せた ➡︎ 韓国メディアに送るメール Luying6002 2016.06.29


抜粋

韓国憲法の21条第4項にこう規定されている

言論・出版は、他人の名誉や権利または公衆道徳や社会倫理を侵害してはならない。

言論・出版が他人の名誉や権利を侵害したときは、被害者は、これに対する被害の賠償を請求することが出来る。





こちらは報道から

メディアペン ➡︎ パク・ユチョン・姜正浩事件で見た「無罪推定の原則」それが知りたい




勇気を貰える笑顔…守りたい








お知らせ

時々、翻訳がおかしい時は手直しすることがあります。

それと…

一度ブログにUPしても不適切だと思った内容については削除する場合があります。




動画・画像お借りしてます。



にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.07.17 16:38 | | # [edit]
智 says... "Re: ありがとうございます"

鍵コメさん

私のブログでホッとしていただきありがとうございます。

私自身も日々 悩み、迷いまくりで…彷徨っています。

でも〜ユチョンの才能は誰もが放っておけないですよ。

だから〜きっと…

時間がかかっても立ち直って私達の前に戻って来てくれると信じています。

ユチョンの未来で…更に活躍していい人生を送ることが

ユチョンを貶めた人達に対する最大の復讐なんじゃないか?と思います。

この悔しさをバネにしてもっと大きな空に羽ばたけるよう

ユチョン ファイティン!
2016.07.18 20:36 | URL | #IohZZCwQ [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1535-3588434f