ELLE 2012年7月号

Posted by 智:AKL on   0 comments   0 trackback


本当に素敵✨








翻訳付きを買えば良かったのに…

Yuchun_ELLE making film(CJESJYJ)


到着+ ELLEユチョン(HappyJYJ)





ELLE KOREA 2012年 7月号 ➡︎ FLAME OF LIFE 1

ELLE KOREA 2012年 7月号 ➡︎ FLAME OF LIFE 2

ここから ➡︎ ユチョン ELLE 全画像

翻訳機使用(意味不明なところはお許し下さい)

パク・ユチョンと共に、バリでおきたこと

生放送に近かったドラマ『屋根裏部屋皇太子』を終えてバリに発ったパク・ユチョン。関心がない休息と生気があふれる活力の間漂った余韻を払い落した一人の男がいた。

深夜12時を今しがた越えたあたりに到着したバリ空港で非常に長い一日が待っているという事実を知った彼は即座に上気した表情を作った。 けだるい目つきに活気が上がった。

何をするだろう?それから何時間後そして帰ってくる日までパク・ユチョンの日課はプールヴィラの広いプールをオットセイのように泳ぐことで始まったし、また終わりにしたように見えた。 おそらく彼の私的好みは山よりは海、歩くことよりは泳ぐことだろう。

「海が本当に好きです。 限りない水平線を眺めることだけでも気分転換になりますね。 川でバナナボートやウェイクボードのようなアクティビティーも楽しむが海釣りや水遊びに比べるところではありません。水泳をする時はスピーカーで、そうでない時の多くの時間は習慣的にイヤホンを耳にさして音楽を聞く。 どんなメロディも聞こえない刹那の空白を耐えることが出来ないのではないかと思うほど。音楽聞くのがあまりにも好きで。 幼い時から音楽は私に本当に大切な存在であり今でもそうです。」

それならこの頃しばしばプレーする携帯電話の中ホット トラックは。

「嘘じゃなくこの頃は毎日毎日ジュンスのアルバムを聞きます。 本当に素晴らしいです。 JYJメンバーとして自負心が入る程 完成度高いアルバムのようです。」

このようにグループのメンバーが出した音楽をあたかも少女ファンのように応援する彼はこの前まではアコースティック ミュージックに陥って生きた。 ドラマ撮影の間感性を維持するのにそれ位のジャンルがなかった。

多くのものを持ったがなぜか分からない虚しい日々を継続する男の治癒旅行. この日の画報コンセプトのように、実際に誰でもそうであるように、それはやはり人々との関係の中で虚しさと孤独だということが男違うように押し寄せる時がある場所であった。

「虚しいことも孤独なことも有難い多様な感情が共存するようです。 もちろん人より一次元高く孤独な時もあるが。 特別な対処法はなくて、そうする時は一人で過ごさないようにします。 家族や会社の家族がいるから。 この頃にはそうする時の感性が俳優の作業を継続するのに良いようだという気がします。 そして感性的な瞬間には音楽作業をするのが良いです。」

ドラマ『成均館スキャンダル』『ミス リプリー』『屋根裏部屋皇太子』で経験を積み上げる俳優パク・ユチョンはイシューメーキング一つは持って生まれた人物ではないかと思う。 毎度興味深いストーリーテリングの中心を占める彼は演技に接近するエティテュドゥにディテールを加えてさらに多様な世代に名前を知らせている。

「『成均館スキャンダル』で良い評価と反応を得た時は嬉しいこととは別にちょっと負担になりました。『ミス リプリー』で負担と悩みを抱え込んだ理由でもあります。 今回の『屋根裏部屋皇太子』はそのまま心を無にすることにしました。 上手にするべきだとの確約よりは気楽にキャラクターを表現してみて、私の物に受け入れるとすぐに程度で考えたようです。じたばたする時より心を無にする時、予測外の結果が出るという事実は経験がある人ならば誰でも分かる事実だ。 私を冷たく扱う方たちもいるがたいてい周囲にいる人々はものすごく気楽なタイプのようです。 相手俳優との呼吸は言葉どおり相対的のようです。 今回のドラマではハン・ジミンさんにとても感謝しました。 台詞を合わせてみてもパートナーである私の話に耳を傾けたし気持ち良く撮影することができるように助けてくれたようです。 全体的にチームの雰囲気も本当に良かったです。 特にウシクやソクウォン兄、ミンホは本当にたくさん親しくなりました。」

偶然にもELLEとともにある日程に『一年のただ一日』を迎えたこの男.。世の中には自身の誕生日をどんな私を見てスペシャルするように出なければならない人がいるかと思えば心が広く過ごしてもクダクダ失望しない人もいる。

「去る1999年以後一度も国内で誕生日を迎えてみたことない」

というパク・ユチョンは後者に近いといった。

「誕生日に大きく意味を付与しないですね。 そのまま一年中一日だ程度。」

いくらクールな人でもその一日が格別用事ない時はすっきりしない感情がワインのカスのように沈殿する気持ちを感じるはずだ。 彼はとても時々ママが作ったご飯が懐かしかったとしても幸い食欲が似た(バリで彼が最も熱狂した食べ物は唐辛子をさくさく切って入れた醤油ソースであった)メンバーらと現地韓食堂に立ち寄る時解消になったし、良いこれらと一緒なら食べ物はどんなものでも関係なかった。

バリでの4泊6日を共にした彼は他の見方をすれば初めての出会いに過ぎなかった。 初めての出会いで心の温度を測ることができる能力がない代わりに彼が自らにしたいというメッセージに応援を送る。

「上手にしている。 常に責任感を感じる人になったら良いだろう。」




ユチョンがツイッターをやっていたのも遥か昔のように感じられます

バリから~

2012.06.04 Twitter @6002theMicky

호랑이기름~왕창~(虎油~いっぱい~)



여름이구나....^^(夏だな....^^ )



후하~~~~(フハ~~~~)






しばらくはユチョンの誕生日を素直に喜べないのは悲しいな~

いつか笑い飛ばせる日が来ることを信じて…




動画・画像お借りしてます。

iPhoneでブログ書いているので画像が不鮮明な時はミアネ~

皆様の訪問に支えられてブログ続けられています ❀.(*´◡`*)❀.



にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村




占星術占い ➡︎ https://cocoloni.jp/fortune/40016/



気休めかも知れないけど…ちょっと安心
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1548-b02d68bd