ドリアングレイMV & チョ・ヨンシン作家インタビュー

Posted by 智:AKL on   0 comments   0 trackback


この曲、本当に素敵

素晴らしい衣装と共に

才能と努力の人ジュンスの

絶世の美男ドリアングレイが期待されます


ミュージカルドリアングレイ MV
美しく止まってしまったか / キム・ジュンス


日本語記事 ➡︎ ミュージカル「ドリアン・グレイ」MV公開…「キム・ジュンス(JYJ)は最適のキャスティング」




元記事 ➡︎ http://m.playdb.co.kr/MobileMagazine/ListicleDetail?magazineno=325&subcategory=067003

翻訳機使用と意訳(意味不明で理解出来ない所が多くて…)

インタビュー
チョ・ヨンシン作家、「ドリアングレイは私の最愛の小説」

2016.08.17キム・ソンギョン記者

不可能のようだった話、キム・ジュンスに会う

『ドリアングレイ』チョ・ヨンシン作家インタビュー


ミュージカル『ドリアングレイ』創作者であるチョ・ヨンシン作家は延世大で電気工学を専攻した「工大」出身である。 彼は非常に幼い頃から洋楽を好んで聞いて音楽関連の仕事をしたくて、ケーブルテレビ音楽チャンネル(今のMnet)でミュージックビデオを担当した。 そんな中、会社を辞めて、2000年に米国留学の道に上がった。 公演をしたい熱望、東京があった。 ニューヨーク市立大学でEntertainment Technology専攻しながら、更にミュージカルを愛するようになった。 彼のロールモデルであるハロルド・プリンス(舞台監督出身で世界最高の音楽演出、プロデューサー)を直接見た経験は彼に大きな刺激となった。

この時だけでも「工科大学出身」である彼があえて(!)創作をしなければとは思わなかった。 オフブロードウェイでオスカー・ワイルドの『ドリアングレイ』を小劇場演劇で見て非常に驚いた。 『ドリアングレイ』は、元々 彼の「最愛」の小説だった。 その時初めてこの作品をミュージカルにしたいと考えていた。8年目同居している猫の名前もドリアンである。 家には、いくつかの種類のドリアングレイ原作小説と関連のものがあります。

彼の頭の中はいつもドリアングレイがあった。
2011年ミュージカル『白鯨』を創作して舞台に上げた後、『ドリアングレイ』ミュージカル台本作業を本格的に着手した。 現在、大型ミュージカルプロデューサーが最も一緒に仕事をしたいと、音楽監督の中で最も忙しいキム・ムンジョン音楽監督と一緒だった。 ギム・ムンジョン音楽監督もプロデューサーではなく創作者としての作業は、今回が初めてだった。 チョ・ヨンシン作家、キム・ムンジョン音楽監督、二人の創作者が出会い、『ドリアングレイ』は、具体的な輪郭が明らかになった。

2013年の幸せ分かち合い財団が運営するプロジェクトボックス視野のクリエイティブラウンジを介して、ミュージカル『ドリアングレイ』ワークショップが発表された。 翌年13億ウォン規模の予算での劇場公演会場で制作を着手することにしたが、諸事情により舞台化無期限延期された。

「いろいろな事情があったが、何よりもドリアングレイを見つけることが大変でした。 ドリアングレイがいなければ、存在の意味がなかったんです。 俳優が演奏もするアクターミュージシャンミュージカル『白鯨』をする時も聞いたつもりなのに、私は今の段階化が不可能な企画をしているかと思うもこともしました。」

製作会社が手を離して再び作品が創作者二人に戻ってきた状況は、最初に戻った。 傷心が大きかったが機会を見ることにした。 チョ・ヨンシン作家行くハンイェジョン専門士音楽劇の創作と講師として創作後輩を養成して、創作専用劇場である大学路CJアジト会場アートディレクター、創作支援プログラム芸術監督を務め、創作者を教えサポートすることを続けた。

『ドリアングレイ』のもう一人の創作者であるキム・ムンジョン音楽監督は忙しい中、合間の音楽作業をした。 そんな中、キム・ムンジョン音楽監督がミュージカル『デスノート』音楽監督をしながらシジェスエンターテイメントはドリアングレイ製作意思を明らかにした。

「最初は大劇場でこのように良いキャスティングで作品を上げることになるだろドラゴン思わない。 シージェスでは、次の作業を行う創作ミュージカルを探していた、それはキム・ジュンスの次期作を検討するという意味でもありました。 キム・ジュンスの『ドリアングレイ』という明確なカードがあった。個人的にもキム・ジュンスなら舞台の上でドリアングレイを表現出来るという確信が沸いた。 創作者が大劇場の演出にふさわしいでや演出様を強くお勧めしないや演出がこの作品のユミ注意を舞台の美しさで表現して(美しさとは主観的ですけどね)、俳優のパフォーマンス、ジャンル的なスタイルいわば、振り付けとか、俳優たちの表現力とか。大劇場の言語に合わせて作られ取り出し。 作品がそう枠がとれて色が塗られて台本と音楽作業が同時に進行になりました。 前のが小さな帆船だったら、今は巨大な空母となったのです」

2013年のワークショップの時と今では多くのことが変わった。 その後、作成された音楽は、ただ二曲だけ使用されて戻って大劇場ステージに合わせて新たに使われた。 原作ではドリアングレイは不変の若さを維持して、彼の肖像画がなく、年月を反映するために、当時も肖像画表現が舞台に移すとき、最も困難な部分であった。

ワークショップでは、ピアニスト宍道湖がピアノを演奏しながら象徴的に肖像画を表現した。 しかし、作品が大きくなると、この方法は、不可能であるためでも演出が映像をはじめ、様々な方法で表現こなす。 チェコ共和国で撮影した映像も舞台で使用される。

キム・ジュンスだからできるドリアングレイ



小説の中ドリアングレイは18年間不変の完璧なルックスの絶世の美男である。 キム・ジュンスの前にいくつかの候補があったのか気になった。

「外見だけ見れば歌がない芸能人を挙げることは出来た。 しかし、そのようにすると、音楽であることを放棄しなければならないのです。 想像するだけで、複数のキャスティングを試みることができますが、意味がないのです。 美しさと若さを音楽的に表現しなければならないのだから」

実際には、チョ・ヨンシン作家は、最初からキム・ジュンスを考えていた。 まだ劇を書いてもいないときに、『ドリアングレイ』を書きたいと思っていた頃、ミュージカル『エリザベート』でキム・ジュンスのトッドを見てキャラクター自体が生きている感じを受けた。
「ドリアングレイは美しさと美の化身であると同時に不滅のキャラクターです。 多くのインスピレーションを与え、まるでギリシャ神話の男ミューズのようなキャラクターです。 私は当時ドリアングレイ創作に没頭していて、ステージで個性的ながらかっこよく、俳優から出てキャラクター自体が生きている感じを受けるいつもドリアングレイを思い出しつかむ」

チョ・ヨンシン作家に内心このような考えがあったからキム・ジュンスが決定されたときの歓喜を呼んだようだ。

「事実、多くのプロダクションがキム・ジュンス俳優としたいと思います。 単に彼のチケットパワーではなく、彼は舞台で見せる特別なエネルギーがあるからだ。 大劇場でキム・ジュンスほどひらひら飛び回る俳優は多くありません。 キム・ジュンスは歌、演技、活力などの強みが多くの舞台で発揮する魅力が膨大な俳優です。『エリザベート』トッドで感じたいくつかの新しさ。 ドリアンはそれより良いキャラクターになれば風があります」



チョ・ヨンシン作家はどのような公演でもチョヨンジャクに出演する俳優は作品を一緒に作る重要な軸と述べた。 初演作品は、それに出演する俳優たちの音域、演技のトーンなどに合わせて最適化する作業をすることになる。 特に音楽的な部分で一緒に作業が多いキム・ジュンスだけでなく、パク・ウンテ、チェ・ジェウンそして新人俳優ホン・ジヨンまで出演俳優たちが皆 歌が上手な俳優たちでデュエットなど気軽に曲を書くことができ、楽しい作業だった。

工科大学出身の作家、いつのまにかミュージカル創作者たちの先輩



実際には、チョ・ヨンシン作家は十数年前に音楽評論家、音楽コラムリストで更に有名になった。 報道機関の文化部公演担当記者は、ミュージカルの意見を求めるとき、ともすると彼を訪れ、ミュージカルに興味が生じた観客は彼の本、「ミュージカルストーリー」を参照したり、授業を聞くことができた。

チョ・ヨンシン作家が創作者の道入ったときは、多くの部分を変えるしかなかった。 専攻も工科大学であり、ミュージカル業界に入ってきたことも技術的な部分であった。 当時も翻訳と脚色作業をしたが、創作に没頭出来なかった。 2009年製作監督として在職していたソルカンパニーをやめて創作をしなければいけないという切迫感が生じた。 クリエイティブマインズ芸術監督とハンイェジョンで授業をしながらたまたま、ある瞬間創作者の先輩がされていた。

「職業としての音楽創作者は、誰もがしたい不可能なことです。 私、様々な職業を持っている理由祈りましょう。 なぜなら、市場が小さいからです。 非営利プロダクションの商業生産に行くことができるよう作品を開発し、また商業化することができるように諸プロセスを作り出すことが重要です、創作者として生きていくことができる基本的な条件を作られなければ。」

ドリアングレイ、何がそう彼を魅了したのだろう

「男三人が若さと美しさを論じる作品だって。 このような作品がどこだろう、独特の素材と思いました。 原作が難解なのは事実だが、公演は全く難しくないだろう」

「ミュージカルが持っているテーマは、演劇とは違います。 ミュージカルは、公演を見てから力を得ます(もちろん、多そうでないでしょう)大抵はミュージカルを見て、今日の私はもう少し力を得て、よりよく生きるというエネルギーを得ます。 良い音楽は、自分の幸せだった過去を思い出す素材を持っているのです。 人が生きていれば、過去に良い日と悪い日すべてを経験したが、過ぎてみると良いことをより多く思い出すでしょう。 将来の肯定的な力を与えることは逆説的にも、過去のことだ。 ミュージカルは、人々に過去の良い思い出を呼び起こします。

ドリアングレイは「若さと美しさは、過去のものだ」という前提で始めている。 ストーリーが赤裸々にも若さの美しさは、すべて過去のこと。 露骨に言っているのです。 私はドリアングレイの中の画家ベジルに感情移入をしている、美しさを崇拝し、反応しながら芸術家自らでなく、美しい存在をそしてのです。 美しさのための哲学、そのような円形が作品に赤裸々に含まれています。 観客がこの作品を見ながら、自分自身も疑問に思って、過去にも疑問に思って、盛んに若くて美しい観客はそれなりに、中年の観客はそれなりに、この作品の主題を別々に感じるんですよ」

文:キム・ソンギョン記者(uncanny@interpark.com)
写真:基準書(www.studiochoon.com)




皆様の訪問に支えられてブログ続けられています



にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1555-ee73ac17