ユチョンの人間宣言!~ 誣告・脅迫犯に判決

Posted by 智:AKL on   0 comments   0 trackback


誣告罪の判決は2年が…重いか?軽いか?

軽すぎる!

ユチョンが受けた社会的制裁に比べたら

ユチョンが受けた精神的苦痛に比べたら

今後一切 関わって欲しくない輩




1月17日の誣告・脅迫一味への判決

元記事の“あ”を押すと日本語訳が出ます ➡︎ [Oh!쎈 현장] 법원은 왜 박유천이 아무런 죄가 없다고 했을까

裁判所はなぜパク・ユチョンが何の罪もないとしたのだろうか

2017.01.17 [OSEN=パクパンソク記者]

俳優兼歌手パク・ユチョンを性的暴行の容疑で告訴したAが懲役2年刑を言い渡された。 裁判部はAが暴行を受けたとした主張が全て虚偽だと発表した。 そして裁判部は、何の罪もないパク・ユチョンに対してAが金を巻き上げるために告訴したことを明らかにした。

17日午前、ソウル中央地方裁判所ではパクユチョンに対する誣告罪と恐喝未遂容疑を受けているAに対する刑事裁判が開かれた。 同日の裁判で裁判部はAとその一味であるBとCに対して実刑を言い渡した。

裁判部はAの全ての犯罪を認めた。

… … …中略… … …

裁判部はAがパク・ユチョンの所属会社と会ってお金を目的に脅迫したということも明白だと明らかにした。 AとBそしてCはパク・ユチョンの所属会社の関係者たちと会いパク・ユチョンの犯罪を警察に告訴したり、メディアに知らせるという脅迫を何回もした。 そして交渉が決裂すると、Aは江南警察署にパク・ユチョンに対する告訴状を提出した。 裁判部は「Aとその一味がパク・ユチョンから謝罪を受けようとするのではなく、お金を恐喝しようとする目的があった」と説明した。

裁判部はA容疑者と仲間たちに対して実刑を言い渡した理由について悪質だと明らかにし、被害者であるパク・ユチョンが拭えない被害を受けたとした。

裁判部は「この事件の動機や経緯、脅迫の内容、搾取しようとした事件の犯行、罪質が悪い。 有名芸能人パク・ユチョンは、性的暴行の疑いで調査を受けることになった。 マスコミは連日特筆大書してこの事件を報道した。 この事件の一味の犯行によってパク・ユチョンは、1日にして性的暴行犯と見なされ、多大な精神的苦痛、相当な経済的損失を受けただけでなく、拭えない致命傷を負った。 何の罪もないパク・ユチョンは、深刻な苦痛を受け、芸能活動再開が不確実だ」と言及した。

A容疑者と仲間たちに対する実刑が言い渡されると、裁判の現場を訪れたパク・ユチョンのファンたちは安堵のため息をつきながら喜んだ。 裁判所は、警察と検察の調査をもとに、パク・ユチョンが無念に性的暴行犯という濡れ衣を着せられたということを確認した。 全ての疑いを晴らしたパク・ユチョンがファンのそばに帰って来ることが出来るか関心が集中される。




裁判傍聴は本当に時間的にも精神的にも大変な事です。

韓国ユチョぺンさん達の努力に感謝致します。

傍聴されたファンの方の報告 ➡︎ http://m.dcinside.com/view.php?id=pyc&no=404505&page=
翻訳機では誤解を招く恐れがあるので…原文のままです。




一度人格殺人されてしまったユチョンには

人間宣言!をして貰って… … …

これからのユチョンを励まし 応援してみよう!


第一段階~ちょっと気休めバージョン

ジョンウの「すわ~」で嫌な事を忘れる




第二段階~ユチョンだけわすれてもなぁバージョン

他人の記憶と精神を破壊する能力を持った、心優しき暗殺者『マインドアサシン』に記憶を消して貰う



第三段階~あの事件だけを無かった事に出来る?バージョン

『ファンタスティックビースト』のサンダーバードに世界中に記憶を消す薬を撒いて貰う



第四段階~最強の最終兵器!バージョン

ドラえもんの道具で世界をリセット!



第五段階~癒しの向日葵🌻バージョン

ユチョンを待つファンの気持ちは変わらないよ





未だ…心が晴れない…

他の誣告した3人についても検察がどんな決定を下すのか?

たとえ第1~第4の誣告女の罪が決まったとしても

ユチョンが今まで積み上げて来た歌手としての…俳優としての…キャリアが元に戻るというの?

どんな恐ろしい事をしたのか反省の1つもしているのだろうか?

そして…ユチョンの事件を上辺だけ見て面白おかしくSNSで拡散していた人達

人の痛みを想像する事は出来ないの?

人間としての尊厳をも奪った名ばかりのマスコミ

そろそろユチョンの名誉回復の為に働いてもいいのではないだろうか?



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1623-661480d6