何故、被害者が悪く言われるのか?

Posted by 智:AKL on   0 comments   0 trackback


この裁判は誣告犯・脅迫犯一味の裁判です。

何故?犯罪者の名前を伏せているのか理解不能

日本とは違うんですね…


元記事 ➡︎ http://m.entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0003464833&lfrom=twitter

「無罪」パク・ユチョン、なぜ被害者がさらに悪口を食べる

2017.01.17 [OSEN=金慶珠記者]

俳優パク・ユチョンが議論を呼んでいた◯◯容疑と関連、すべての疑いを晴らして、無罪判決を受けた。 明らかにパク・ユチョンが被害者である状況だが、加害者よりももっと多くの悪質な書き込みに悩まされている姿だ。

ソウル中央地方裁判所は17日、刑事15単独の審理でパク・ユチョンを◯◯容疑で申告したAに対して判決期日を開いて、懲役2年を言い渡した。

裁判部はAが虚偽事実とパク・ユチョンを誣告したと判断、Aが◯◯を受けたという主張については納得できず、パク・ユチョンがAを強制的に、脅迫または強要して◯◯関係を持ったのではないとした。

裁判所はAと共に犯罪を模擬した彼氏Bと別の知人Cに対しても実刑を言い渡した。 二人はパク・ユチョン所属会社の関係者に会って刑事機関に告訴するとか、マスコミに流布するという脅迫をして金銭を恐喝しようとした疑いで有罪判決を受けた。

このように裁判所はパク・ユチョンの手を挙げた。 被害者はパク・ユチョンで加害者は彼を誣告したAだ。 Aは許されない罪を犯して、Aを幇助したBとCも懲役に服することになる。

しかし、裁判所の判決が出たにもかかわらずパク・ユチョンは、依然として悪質な書き込みに悩まされているところだ。 もちろん、公人として論議に包まれたことだけでも、道徳的責任から自由ではないが、加害者より悪口を言われている状況は憂うしかない。

誣告罪はそれほど軽い罪名ではない。 そのために裁判所でもAに対して懲役2年という重刑を求刑した。 しかし、

犯罪者であるAはどこに行って、オンラインにはパク・ユチョンの悪質な書き込みがいっぱいだ。

議論に巻き込まれた時、有無罪を問わず「無条件に吹いてみよう」式の行動は危険だ。 司法機関で「被害者」と明らかにしたにもかかわらず、大衆は目を隠している姿だ。

パク・ユチョンの今回の無罪判決を言い渡され、今後ある関連の裁判もパク・ユチョンに有利に流れそうだ。 ためにパク・ユチョンは、◯◯の議論を完璧な無罪で終結する見通し。その時まで加害者と被害者が入れ替わったような状況が続くなら、これはそれほど軽く見過ごす問題ではない。 これ以上 被害者が別の被害者になる状況は防がなければならないのだ。




記事を読むだけでも心が痛み、悔しさが込み上げて来る

ユチョン 今日も仕事 頑張っているのかな~


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1624-0ee20a06