『ルシッドドリーム』マスコミレビュー

Posted by 智:AKL on   0 comments   0 trackback






こんなに見せちゃっていいの~?ディスマンユチョン

ダンディキャラ&ユーモラスキャラ ⬅︎ 動画で確かめてね。



[ジョンジュウォンのムービーブービー☆]
映画「明晰夢」コス、パク・ユチョンも救済失敗
(Lucid Dream、Park Yuchun、JYJ、Go Soo、SFスリラー)



良い評価も有れば、物足りなさが残るとの評価も有ります。

ユチョンの役柄、演技に関しては褒めているのが多い!⬅︎ 15分程のノーギャラ特別出演て本当ですか?




(以下 翻訳機と意訳少し)

元記事 ➡︎ http://m.star.spotvnews.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=112232

【ムービーS】
「明晰夢」ディスマン パク・ユチョン、明らかに他の二つの顔

2017年02月16日07:00

▲映画「明晰夢」に出演した俳優パク・ユチョン。 提供| NEW

[スポーティービスタ=イ・ウンジ記者]

映画「明晰夢」が公開された。 明晰夢という新鮮な素材と同じくらい興味を持って行く部分は、まさに俳優パク・ユチョンの出演である。

映画「明晰夢」(監督キムジュンソン)は、大企業の不正告発専門記者デホ(コス)が3年前に計画的に拉致された息子を見つけるために明晰夢を利用しながら起る話を描いた作品である。

パク・ユチョンは、劇中ディスマンで登場する。 デホの夢に登場した謎の男に息子を誘拐した犯人の手がかりを見つけるために明晰夢を試みたデホの夢に現れたが、急いでその場を離れデホをさらに混乱させる。 以来、実際の世界でデホと向き合い共有夢を知らせる存在で映画の中の隠れたキャラクターだ。

パク・ユチョンのスクリーン復帰に関心が集まったのは、昨年起きた個人的な問題だ。 現在軍服務中であるパク・ユチョンは、映画の公式広報に参加をすることは出来ませんが、彼の分量と演技への関心が集まった。

キム・ジュンソン監督によると、パク・ユチョンの追加、編集はなかった。 キム監督は、「ディスマンは明晰夢をよく知っている人の間で興味深い人物」とし 「パク・ユチョンがディスマンの役割をよく消化した。 感謝する。 さらに編集はない」と述べた。

映画の中のパク・ユチョンは、これまで見せてくれた演技者としての技量を100%発揮した。 現実と夢の中の他のビジュアルから演技のトーンまで全く別の人物に消化した。 現実にはオタクに近い独特の人物を目立たないように表現しており、夢の中では自由自在に動く、謎の人物ディスマンを神秘的に作った。

パク・ユチョンは、「明晰夢」でコ・スとソル・ギョング、カン・ヘジョンと比較した場合、短い分量だったが、不可欠な存在感を確実に発揮した。 映画界が注目する俳優という修飾語が惜しくない演技をしたものである。

今大衆の評価だけが残った。 果たしてパク・ユチョンが「明晰夢」で見せてくれた一層成熟した演技を介して、俳優として大衆が再び関心を受け取るか成り行きが注目される。

一方、映画「明晰夢」は、パク・ユチョンをはじめ、コス、ソル・ギョング、カン・ヘジョン、パクイヌァン、チョン・ホジンなどが出演する。 来る22日封切り予定だ。

イ・ウンジ記者yej@spotvnews.co.kr




元記事 ➡︎ http://m.slist.kr/news/articleView.html?idxno=9978#05KU

[レビュー]
惜しいスリラー、夢で満たした興味「明晰夢」

記事の承認2017.02.15 17:50:08

冬の終わり、観客の興味を正確に刺激する「明晰夢」(監督キムジュンソン)が今日(15日)のメディア配給試写を介して顔を表わした。 明晰夢というエキサイティングな素材はもちろん、コス、ソル・ギョング、カン・ヘジョンなど、映画ファンの信頼を一身に受けている俳優たちが総出動して興行ダークホースとして浮上している。

「明晰夢」は、大企業の不正告発専門記者デホ(コス)が3年前に計画的に拉致された息子を見つけるために明晰夢を活用し、過去の記憶で犯人の手がかりを追跡するストーリーを盛り込んだ。 興味を起こさせる素材であるだけにジャンル快感に神経を集中して劇的楽しみをキウォトジマン長短が確実である。

疑問を解消する「夢」の中追撃

「明晰夢」は、記憶追跡SFスリラーというジャンルを標榜する。 長いジャンルの名称のように息子との切ない感情から誘拐によるフラストレーション、明晰夢を活用した犯人の追跡が最初の方に整えていないまま目まぐるしく広がって没入が容易ではない。 犯人を追う過程で過度に介入する偶然、デホの状況に対する補助者の中毒も納得することは容易ではない。 多少いい加減超えていくという印象を消すことはできない。

壮大の継ぎ目よりもこのジャンルで最も重要なのは、主人公と悪人の争いがギリギリに約51:49で広げなければならないという点である。 しかし、現実の中でデホの状況は絶対に勝利することができない一方的敗北の危機に直面している。 犯人の手がかりもなく、ただあちこちをドゥルスシと通う。 可能性が0%に収束する切ない状況で大勝利することができる方法は明らかにない。

しかし、「明晰夢」は不可能を可能にしようとする。 まさに偶然に到達した「夢」を通じてだ。
一見夢という素材は、書士を簡単に解放うと怠惰な方法で見ることができる。 しかし、現実の中いくつかの背景も通じない夢の中で行う追撃、争いは惜しい書士一面 「そんなことができる」は、納得を伝える。 劇中夢をハッキングするディスマン(パク・ユチョン)が「夢の中では私がしたい通りだ」という言葉のように、私たちは、夢についてどんなことでも十分にこなすことができる空間だと思っているドクイルかもしれない。

もちろん「明晰夢」のスリラー書士は物足りなさが濃い。 夢と現実の継ぎ目は、滑らかでず、非現実的話術に極の涼しさは半減する。 しかし、この物足りなさを夢ファンタジーに置換する試みは作品の娯楽的要素をそれなり浮上させる。 加えて寂しいスリラー感覚を「覚えて追跡SFスリラー」という独特のジャンル快感で満たされて生じる。

輝くソル・ギョングの逸品存在感

コス、カン・ヘジョン、パクイヌァンなど名品俳優が総出動する「明晰夢」で最も印象的な活躍を繰り広げるキャラクターはデホを助けるベテラン刑事バンソプ役のソル・ギョングだ。 3年目進展がない誘拐事件を未解決事件に超えるという上層部の指示にもかかわらず、デホに向けた同情的に捜査を放棄していない人物である。 息子を失ったデホと病気の娘を置いたバンソプは「父性愛」を接点に共鳴し、作品に切ないを加える。

すでに「公共の敵」「監視者」など素敵な刑事演技を披露し「国家代表刑事俳優 」というタイトルを得た彼は今回もやはり重厚な目つき、切ない演技力で作品に力を乗せる。 また、作品全体を貫くデホの父性愛に乗って他の大箱の父性愛を明らかにして壮大な進行に大きな役割を果たしている。 柔らかさとカリスマ、ツーフェイスを流麗に消化したソル・ギョングの存在感は、エンディングクレジット後も記憶に刻印されている。

ランニングタイム1時間41分。 15歳観覧可。 22日に公開される。

エディター/シン・ドンヒョクziziyazizi@slist.kr




元記事 ➡︎ http://chicnewsm.mk.co.kr/article.php?aid=1487153806134958011#_adinctep

[シネレビュー]
「明晰夢」新素材 X ビジュアルが作成された色の映画

2017. 02.15 19:16:46[シックニュースチェジョンウン記者]

誰でも帰りたい瞬間がある。 その瞬間に戻る方法がある場合は、命を担保にしても喜んで命を出す人もいるはずだ。 失われた息子を探す父のように。

夢を介して犯人を見つけていくという新しい物語に興味を起こさせる「明晰夢」(監督キム・ジュンソン、作り込まピクチャーズ)が22日公開される。 キム・ジュンソン監督は、直接経験した明晰夢を素材にシナリオを書いてメガホンを取った。

大企業の不正告発専門記者デホ(コス)は、3年前に計画的に拉致された息子のミヌを見つけるために「明晰夢」を利用して、過去の記憶から犯人の手がかりを追跡する。 夢の中で彼は右腕に入れ墨をした男、写真を撮った男、夢に登場する謎の人物を発見する。 ベテラン刑事バンソプ(ソル・ギョング)と友人の精神科医ソヒョン(カン・ヘジョン)の助けを借りて、最終的にデホは、すべてのリードが指摘する一人の男と直面することになる... 果たしてデホは息子を見つけることが出来るだろうか。

映画は、ややもすると空しくして見えることができる「明晰夢」という素材を扱いますが、観客の心を開くことができるよう父性愛というコンセンサスを介して素材を希釈する。 夢の中の状況は、CG(コンピュータグラフィックス)を用いて想像の中だけで可能と思われるビジュアルを存分に実装し、視覚的楽しさを提供する場面を作った。 映画が非凡なることができる機会を提供する、素材が持つ利点である。 共有夢、ディスマン、RC(Reality Check「明晰夢」内で夢と現実を区別できるようにする媒体)など「明晰夢」の特性を活用して、映画に豊かさをプラスした。

夢の中にいる犯人、手がかり。 映画は、上映時間中、観客に「誰だろう」という疑問に追跡するデホと一緒にすることである。 特に垂れる部分なしで、スピード感あり簡潔に作ろうとした監督の努力がうかがえる。 スリルあり内容も新鮮興味を失うことなく、映画に最後まで集中している。 夢の中での非現実的であり、夢幻的な感じは映画にある程度素晴らしい面を加え、視覚的にも、ストーリーも先読みすることが出来ないので興味深い。

ただし、キャラクターごとに結論に至り、虚しさを与える面は残念だ。 自分がどのような理由でどのようなことをしたことを明らかにする点は疑問が残っていないくすぐったいところをよく掻いてくれるようだが逆にキャラクターの単純に退屈な感じを受ける余地を残す。 多くの部分、台詞を介して状況を説明的に解放映像で見せなければならないことろを台詞で聞かせるという感じを与えたりする。 決定的に、本来最も劇的な場面が薄く感じられる可能性も見られる。

コ・スは、体重を10kgも太らせた後、また痩せることで外的にも大きな変化を与えた。 イライラした人物の心理的な苦痛を外的な姿を介して劇的に見せてくれた。 体重を増やした彼の姿は、彫刻のような容貌と隙間が感じられたりして、むしろ観客がこれをより意識する可能性があるように見える。 外見にさえ変化を与え苦労人物の悲劇的な状況を表現しようとした彼の努力は拍手を送るに値する。

映画が感情表現に重点を置いたほうがないので、瞬間瞬間のセリフや感情が単純に流れてしまうという感じもする。 そのせいか父性愛に関する詳細な共感は難しい。 新派はありませんが共感場面が不足しているのは、映画の全体的な満足度である程度のスペースを残す。 映画「インセプション」を浮かび上がらせているとの指摘も避けることができませんが、監督も、このような指摘を「クールに」認めて、このような素材に対応するため避けることができない点とし、正面突破する意志を明らかにしたように、問題にすることだと見る程度ではない。

この映画ではパクイヌァンは友情、義理笑いを担当し、強い印象を残す。 比重は少ないが劇の緊張感を和らげてくれる役割で、目に見える役と演技的内面が一団となって新スティラー役割をする。 ソル・ギョングは素敵ブリジない淡泊な演技で配役を消化する。 パク・ユチョンは、個性的な役割を引き受けたがキャラクターを余裕をもって表現する上で、不足することが明らかになり物足りなさを残す。 個人的な議論による余波が映画の没入度を落とすことも切なさを醸し出す。

彼は夢の中で疑う男性。 これらは一つのように受賞して見える。 観客もこれらを受賞チョクゲ考えているデホの目線でこれらを見て一緒に疑うようになって一緒に追跡に乗り出すような感じを受けることになる。 一人ずつ登場するキャラクターは、好奇心を持つようにするためによく演出されて、観客にとって映画を見て、主人公と一緒に追跡する感じがするようにする。

「息子だけ見つけることができる場合、私は死ぬのも怖くありません。」何気なく命を担保に出すほど切迫しデホは息子を見つけるために来跳ねて走った最後に手がかりを探して、また検索し、最も決定的な手がかりを探す。

事実上刺激的な映画になる可能性がありあったプロットを新しい素材に取り入れて夢幻的特質演出した点は、新鮮さに挑戦した監督の意図どおりに流れたものと見られる。 素晴らしいシーンを接するのは、現実的ではない劇を介してのみ享受できる楽しさだから、映画を通じてファンタジー的喉の渇きを満たしてくれるという点では肯定的である。 真剣な雰囲気の中で続く追跡に加わった素晴らしい要素とそのような雰囲気に適切に調和した音楽は、この映画だけの確実な色を作り出す。 若い監督の新しさを追求する挑戦が韓国映画の発展にいてくれることを意味と役割が大きい。

結局、映画は極めて当たり前の、人間の感情に利己心が加わる悲劇的な結果を招く可能性があることを示す。 その利己心の端は、最終的に破局に突き進む悲劇である。 のためにどのような絶望的な状況でも、人間が超えないようにする線が存在し、善を追求する必要があるというメッセージを投げる。

ランニングタイム101分。 15歳以上観覧可。




元記事 ➡︎ http://m.munhwanews.com/news/articleView.html?idxno=39161#_adtep

[ヤングアルモトの600人のレビュー]
「明晰夢」、「信仰」で夢に接続できる

記事の承認2017.02.15 19:17:12

信仰の力とは、私たちが考えている以上に強い。 たとえ不可能または非現実的なことであっても、強い信仰があれば、現実に行われることができ、実際に奇跡を作った事例も多い。 「明晰夢」と呼ばれる明晰夢はまた、人間の強い信仰があってこそ発生する現象である。

「明晰夢」というこの神秘的でにくい素材を大衆が容易に理解できるように、彼らは「父性愛」という普及したコードと適切に連携して粗雑にせず親切に説明ながら、大衆に信頼を植え付けた。 この過程で、俳優カン・ヘジョンとパク・ユチョンが演技した「ソヒョン」と「ディスマン」という存在は、映画の中で最も重要な存在にあると見ることができる。 そして夢の中で見たすべてのものの夢ではなく、現実と信じ保た作成するために使用した特殊効果は、似たような素材で観客に先に公開された「インセプション」や「ソースコード」に劣らない洗練を示した。

これまで強烈なキャラクターとは異なり、今回は強弱呼吸調節をしていたソル・ギョングと、配役のために短期間に肉体を倍にしてアゴの線が消えたコスの変身も忘れることができない。 「明晰夢」を見た後、「インセプション」の「コマ」のように、おそらく観客が自分の「時計秒針」が動いているかどうかを常にチェックして行かないかと思う。

文化ニュースソクジェヒョンインターン記者




元記事 ➡︎ http://m.entertain.naver.com/read?oid=112&aid=0002894276

[ポップアップ・ムービー]
「ルシドゥドリーム」パクユチョン幅広の編集不可能だった理由があった

2017.02.16 7:00[ヘラルドPOP=イ・ソダム記者]

「ルシドゥドリーム」にパク・ユチョンが編集なしに登場するしかなかった本当の理由があった。

映画「ルシドゥドリーム」(監督金ジュンソン/製作ロードピクチャーズ)が15日、ソウル往十里CGVで行われたマスコミ試写会を通じてベールをはがされた。 プライベートの問題で苦痛を強いられたパク・ユチョンの存在感はすごかった。 編集できなかった理由があった。 パク・ユチョンが演じたディスマンなしにはストーリー自体が進まないからだ。

「ルシドゥドリーム」は、大企業不正専門記者デホ(コ・ス)が3年前に計画的に拉致された息子を探すため、ルシドゥドリームを利用、隠された記憶の中で手がかりを探して犯人を追う記憶追跡SFスリラー映画だ。 '明晰夢'を素材にコス、ソル・ギョング、カン・ヘジョン、チョン・ホジン、パク・ユチョンなどが出演する。

パク・ユチョンが演じたディスマンは、デホの夢の中に突然現れた疑問の人物だ。 デホに発見されたディスマンは、急いで席を立って、追撃戦の末に忽然と消える。 混乱したデホは、現実でディスマンと会って、ディスマンは共有夢の存在を知らせている。

ディスマンは、ある会社でマーケティングの一環として作り出した仮想の存在という説もあるが、実際、全世界の多くのこれらの夢に共通的に登場するある男性を意味する。 これはMBC「サプライズ」で扱われることもした。

「ルシドゥドリーム」の演出や脚本を手がけたキムジュンソン監督は「ディスマンというキャラクター自体が明晰夢マニアたちの間では重要な人物だが、それなりにディスマンの役割をパク・ユチョンがよく演ってくれた。 それで感謝している」

「MBC'サプライズ'でディスマンについて扱ったのを見た。 ディスマンはミステリアスなキャラクターだ。 実際、ある会社でマーケティングの一環として作ったという人もあり、実際に共有夢をする人だともするが、可愛らしいキャラクターなので映画に出てくると大衆も関心を持つことができるようだという考えをした。 また、明晰夢に関心がある人なら歓迎するできると見た」とディスマンを登場させた理由を明らかにした。

そのために「ルシドゥドリーム」でパク・ユチョンが務めたディスマンはとても重要な役割を果たす。 主人公が拉致犯の存在に近づくことができるように支援すると同時に事件の糸口を解く鍵を握っているため。これに私生活と関連した問題があるとしても、パク・ユチョンの分量を編集することには初めから大部分を再撮影しなければならない状況だ。 結局、パク・ユチョンは、「ルシドゥドリーム」で編集なく登場できたし、その中で、これまで見せていなかった衝撃的なビジュアルと演技に切り札の役割を全うした。

一時「ルシドゥドリーム」封切りが遅延されると、パク・ユチョンためではないかという風説が広がった。 2015年6月クランクアップした「ルシドゥドリーム」は後半作業に専念しており、その途中、パク・ユチョンのプライバシーの問題が俎上に上がると、「ルシドゥドリーム」また、パク・ユチョンがターゲットになったのだ。

撮影終了1年8ヵ月ぶりに開封することになった「ルシドゥドリーム」。映画を確認すれば、パク・ユチョンのため封切りが遅れたことがないことを知ることができるだろう。 仮想の夢世界を具現した膨大な分量のCGは長い後半作業を示す。 そして、ちなみに「ルシドゥドリーム」の弱点はパクユチョンではなく、「インセプション」を想起させる既視感と荒唐無稽なストーリーだ。 果たして「ルシドゥドリーム」は観客にはどのような評価を受けるか? 来る2月22日に封切りする。




以下の記事「あ」を押して日本語訳で見れます。

ここから ➡︎ 「ルシッドドリーム」パク・ユチョン、復帰の軟着陸の可能性を確認する

抜粋

歌手兼俳優パク・ユチョンが召集解除後、円満な活動再開に向けた曳光弾を打ち上げた。
パク・ユチョンが出演した映画「ルシッドドリーム」(キムジュンソン監督)が15日、マスコミ配給の試写会を通じて初登場した中、パク・ユチョンは、無難な演技と滑らかなキャラクター表現を披露し、復帰の軟着陸の可能性を確認した。

パク・ユチョンは、劇中でミステリーを持った人物ディスマンとして登場する。 比重は大きくないが、コス、ソル・ギョングなど主人公たちの活躍に大きな影響を及ぼした人物だ。 パク・ユチョンは、特有のダンディーな魅力を発散する姿から、滑稽なイメージまで多様なキャラクターを表現した。 分量は大きくないが、強烈な印象を残しながら、作品の面白さの大きな柱を占めた。

キムジュンソン監督は、試写会後に行われた記者懇談会で「パク・ユチョンは、作品の核心キーワードのルシッドドリームと共有夢を説明するために必ず必要なディスマンを演技した」「重要な役割だったが、パク・ユチョンがよく消化してくれた。 よく溶け込むように編集になったようだ」と賛辞を惜しまなかった。

パク・ユチョンは、昨年、少なからぬ論議に包まれ、芸能活動に大きな危機を迎えた。 兵役義務を遂行している状態なので、すぐに活動にどのような影響を及ぼすことができるかどうかは体感されていないが、来る8月召集解除後の活動については関心が集まっていた。 結果的に「ルシッドドリーム」はパクユチョンの活動再開に向けた立派な緩衝剤の役割を果たすものと期待されている。


ここから ➡︎ [Oh!いい焦点]「何でも'ドリーム'」、コスの涙 X ソルギョングの反戦 X パク・ユチョンの笑い


ここから ➡︎ 「ルシドゥドリーム」パク・ユチョンの新しい姿、落ち着いた神スティル




単純にファンとしてはユチョンの新しい演技を観れるのは嬉しいね。

ただ 記事のコメント欄に事件の事を書いてるネトウヨがいるけど…映画と出演者に失礼だよね。見たくないとか わざわざコメントする人オカシイ。顔が見えない所では、何を言ってもOKなネットの世界が怖い!韓国ユチョンファンがコメント欄をキャプチャーしてることも馬鹿にしたりして…これからもこんな輩と闘って行かなければならないんだね。

ユチョンとユチョンファンは辛い日々を送っているけれど…ネガティヴな事 言いたくなかったけれど…早くこんな状況に終わりが来る事を祈る

期待してます…日本での上映

ユチョンは良い意味でも悪い意味でも広告塔の役割をしているから~

今はその扱いを甘んじて受けるけど…いつかもっと比重のある役で、俳優ユチョンの完全なる復帰を待っています。

諦めたくない パク・ユチョンの才能を!




皆様の訪問に支えられてブログ続けられています ❀.(*´◡`*)❀.


FC2ランキング参加してます。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1636-4dd88e59