パク・ユチョン…存在感凄い~『ルシッドドリーム』監督インタビュー

Posted by 智:AKL on   0 comments   0 trackback


VIP試写会も開催されていよいよ22日公開ですね!

ユチョンのディスマン早く観たい!



ユファン元気そうで良かった。






ネタバレ見たくない人はここまで~

記事の「あ」を押すと日本語で読めます。

記事中の事件についての記述が間違っているのは意図的?

それも想定内として…これからも気を強く持って応援して行きたいです。

コメントも見るといろいろと考えさせられます。

コメント欄の「번역보기」を押すと翻訳見れます。


インタビュー① ➡︎ キム・ジュンソン監督「初の作品『ルシッドドリーム』デビュー戦きちんとした」

インタビュー② ➡︎ 『ルシッドドリーム』監督「パク・ユチョン、アイドルではない俳優...存在感すごい」

………… 抜粋 …………

それなら『ルシドゥドリーム』で夢の中に現れた謎の男・ディスマン、ヨンヒョンを演技したパク・ユチョンはどうだったのだろうか。
主人公デホに重要なキープレーヤーだったヨンヒョン。これを演技したパク・ユチョンは、破格的な変身に目を引く。

キム・ジュンソン監督は
「パク・ユチョンが『ルシドゥドリーム』に合流した時、大きな光栄だと思った。 当時『ヘム』(2014 シムソンボ監督)で、国内有数の映画賞を席巻し、俳優として株価が高いときだった。 製作陣はこのようなパク・ユチョンを観客にびっくりプレゼントしようとした。 その時までも『受賞した彼女』(2014 ファンドンヒョク監督)で金秀賢(キム・スヒョン)さんが、『国際市場』(2014、ユン・ジェギュン監督)でユノユンホがびっくりカメオとして話題を集めたが『ルシドゥドリーム』のパク・ユチョンもその延長線上の効果を得ることを願った。 しかし、あまりにも早くキャスティングが公開されてびっくりプレゼントになりはしなかった」
とジョークを飛ばした。

彼は
「アイドルに対する偏見があったが、パク・ユチョンで偏見が消えた。 心配とは違って、呼吸と眼差し、全ての演技が役者だった。 歌手パク・ユチョンではない俳優パク・ユチョンが光を出す支点が明確にあった」

「もちろん、封切りを控えて、パク・ユチョン事件に関する論争があったが、気を使わなかった。 映画でパク・ユチョンが見せてくれた地点が良かったため、このような議論で揺れない自信があった。 残念にも試写会に参加していないが、パク・ユチョンも私も心の中でお互いを応援している。 後日、良いキャラクター、良い作品で再び会ってほしい」
と伝えた。




[ポップアップ・ムービー] ➡︎ 『ルシッドドリーム』切り札 パク・ユチョン隠そうとした本当の理由

………… 抜粋 …………

『ルシドゥドリーム』は2015年4月6日クランクインした。 キャスティング当時、パク・ユチョンは、映画『ヘム』でスクリーンにデビューし、新人賞を総なめした。 第51回百想芸術大賞、第35回青龍映画賞、第34回韓国映画評論家協会賞、第15回釜山(プサン)映画評論家協会賞、第51回大鐘賞映画祭、第10回のマックスムービー最高の映画賞新人賞、第6回、今年の映画賞まで新人賞7冠王を獲得した。 そのために次回作に多くの関心が集まった中、パク・ユチョンは『ルシッドドリーム』に主演ではなく、特別出演である小さなキャラクターに出演を決めている。

キムジュンソン監督はヘラルドPOPとのインタビューで
「パク・ユチョンの場合、キャスティング当時に『ヘム』で新人賞を獲得していた。 それでディスマンのような小さな役割をパク・ユチョンが受諾すると言う考え自体をしなかった。 ところが、ソル・ギョング兄さんと作業をしながらシジェスエンターテインメント、ベクチャンジュ代表がパク・ユチョンを推薦した。 当然私はパク・ユチョンが出演してくれれば、とてもテンキュです」
とキャスティングの秘話を披露した。

さらに、キムジュンソン監督は
「ディスマンを演じる若手俳優を探していましたが、当然主人公ではなく、特別出演であるため、果たして誰が出来るだろうかと思った。 そんな時パク・ユチョンにシナリオを与えてみようと話が出た。 本人もSFジャンルを好きと言っていた。 じゃあ、私は感謝するとシナリオをあげたが、楽しく見たのかな」
とパク・ユチョン キャスティングに満足感を示した。

特にキムジュンソン監督は
「事実、パク・ユチョン出演を隠そうとしていた。 『インターステラ』でマット・デイモンが中間に突然出てきたように、『国際市場』にユノユンホが特別出演したように『ルシドゥドリーム』のパク・ユチョン出演の事実も隠したかった。 知らないで見ると、ファンも喜ぶんじゃないかと…。 ところでパク・ユチョンがあまりにも人気が多くてすぐに知られた。 もともと映画で見せてあげようとしたが」
と序盤キャスティング意図を明らかにし、注目を集めた。

さらに、キムジュンソン監督は
「ディスマンの場合、他人の夢に入り共有夢をする人だ。 ディスマンの家をよく見ると、パソコンの隣に多様なヘアスタイルで他の服を着ている姿がある。 夢に入る時は、自ら望む姿に変えて入るのだ」

「夢ではなく現実でのディスマンは長い髪なのに似合うかなと思った。 ところがあまりにも、ミッキーユチョン時代からやってきたヘアスタイルであり、むしろ綺麗に見えた。 ファンたちも好きだろうという気がした。 照れ臭くないかと思ったが、よく消化した。 実際にはそのようなヘアスタイルを消化することができるルックスを持つ人は数少ない」
と賞賛した。




監督、これからもユチョンを宜しくお願いします。


◎俳優として株価が高い(当時)

◎アイドルに対する偏見が消えた

◎全ての演技が役者だった

◎心の中でお互いを応援している




元記事 ➡︎ http://www.issuedaily.com/news/news_view.php?ns_idx=201702182119203939

【課題企画】「明晰夢」パク・ユチョン、光や強烈たり、優れた緩急の調節」

………… 抜粋 …………

パク・ユチョンが『ルシドゥドリーム』で軽いトーンから事件解決者まで映画の中の切り札役割を果たし、期待感を高めた。

中略

パク・ユチョンは、劇中のディスマンとして扮している。 このキャラクターは『ルシッドドリーム』で欠かせない重要な役割を果たす。 ディスマンは、数人の夢に現れる同一の男を意味する単語だ。 一時海外で、海外では"EVER DREAM THIS MAN?"が書かれたモンタージュ写真が話題になった。 これは架空の人物を通じたマーケティングだという推測があったが、興味深い映画的装置であり、人物であることは否定できない。

パク・ユチョンがこのキャラクターを演じ、長髪の外見の変身と夢の中スーツ姿の事件解決者まで幅広く演じた。 現実では軽い演技トーンでドラマを喚起させているために、彼が夢の中で展開した活躍が極大化されてスクリーンに行われる。

ディスマンは、デホの夢の中に突然姿を現して追撃戦の末に忽然と消えが、ディスマンは混乱しているデホの前に現れて共有夢の存在を知らせて共に子供を探す。 昨年、社会的物議をかもしたパク・ユチョンだが、編集が避けられない理由もこのためだ。

編集でディスマンの存在が否定されたら『ルシッドドリーム』という映画に可能性も失うことになる。

パク・ユチョンは、2015年、映画『ヘム』で第51回百想芸術大賞映画部門男性新人演技賞、第35回青龍映画賞新人賞など計9冠を達成した忠武路(チュンムロ)の人材らしく、映画の中の分量に執着せず、自分が引き受けたことを見事に消化し、没入度を押し上げた。 101分間のランニングタイムの間、トーン緩急の調節をしたパク・ユチョンの演技を鑑賞することも卓越した観戦のポイントになりそうだ。

一方『ルシドゥドリーム』は来る22日、電撃公開される。




え⁈ ヨンヒョン車椅子?



cantabilegram IG
핸드폰에 꽁꽁 숨겨놨드만😰 #말도많고탈도많고
현수기사님,김박감독님 지2,종자이,누리 모두 고생하셨슈👏🏻
#루시드드림 #고수 #박유천 #시사회 #22일개봉

翻訳機使用
携帯電話にかちかち隠さノァトドゥ万😰#言葉も多くてたたりも多く
ヒョンス君の運転手さん、キムパク監督から2、ジョンジャイ、ヌリすべて苦労しまシュー👏🏻
#明晰夢#固守#パク・ユチョン#試写会#22日に公開される

ここから ➡︎ https://www.instagram.com/p/BQvC8MpF18O/




Google翻訳付き

ブログ ➡︎ 「明晰夢」ディスマン パク・ユチョン...神秘的な役割「ヨンヒョン」


ブログ ➡︎ 「明晰夢」パク・ユチョン、観客の視線を魅了(アン時評コレクション)




ネタバレが過ぎますか?





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1639-78caf93b