祈り…一条の光を求めて~第2誣告名誉毀損女の公判

Posted by 智:AKL on   0 comments   0 trackback




祈り…一条の光を求めて

今、ユチョンのために何が出来るのだろう?












本当に呆れることばかりで…

2番目の誣告女が陪審員裁判を申請したという。

女性団体が後ろに付いて不穏な動きが…

女性の権利を主張する為に犯罪者に加担するなんて!

1番目の誣告恐喝女が罪を認めた為に捨てて置いて次は2番目の誣告名誉毀損女を擁護

それさえも自分達の団体が提起する法律を通す為の駒にすぎないのか?

陪審員裁判 ‼︎ ⁇

劇場型犯罪であるために既に被害者がどれだけの名誉毀損を受けたことか!

更に2次被害が拡大する懸念が多いだけとしか…

「パク・ユチョンは、この事件がマスコミに報道されてからものすごいストレスに苦しんでいます。」

今も苦しんでいるんです!





第2の誣告女の裁判は非常に重要であると思います。

今回は名誉毀損の罪状も審議されるのですから

以下裁判を傍聴されたファンの方の報告とマスコミ記事

長いですが読んでみて下さい。




いつものように日本語訳見れます ➡︎ 第2の誣告名誉毀損女の公判

抜粋

国民参加裁判に対する検事の意見

被害者の職業的特性と出版物による名誉毀損という特性、ニュースに多数報道された事件という特性。
被害者に対する2次的被害が懸念される。
このような状況で公開された国民参加裁判は、実体的真実を追求するために、むしろ障害があると思う



国民参加裁判に対する被害者パク・ユチョン側弁護士の意見
(被害者パク・ユチョンの立場を代弁するため、弁護士が出席)

「基本的に検事の立場と同じです。パク・ユチョンは、この事件がマスコミに報道されてからものすごいストレスに苦しんでいます。物的にもすごい被害を受けています。
マスコミに"ㅂㄱユチョン"という悪名がついているほどで本人が今まで育ててきたイメージに深刻な打撃を受けて、今後芸能人の生活を続けられるのか疑問が提起されています。
これから4-5ヵ月後に軍服務を終えるのに、裁判が行われていてこの事件の被害が持続しています。
ところで、このような状況で、国民参加裁判が行われたら、その内容が詳細にマスコミに公開されるのです。
今、被告人側の弁護人は引き続き、被告(ソン○○)が被害者だと主張しているが、警察と検察で1次、2次的に判断したのは被害者ではなく"明らかな罪"、出版物名誉毀損による犯罪を犯した"犯罪者"と判断を受けたものです。
それによって本裁判を受けているものであるため、被害者の立場を主張しながら国民参加裁判を受けるとおっしゃってるのは少し、話しにならないないことです。」





以下翻訳機付き

dcinside ➡︎ 第2の誣告女の公判に行ってきた


呆れる被告人側弁護士の主張 ➡︎ 「法廷攻防も経ていないのに、告訴女性の言葉が「全部虚偽」ですって?」




追記~ReadMore



第2の誣告名誉毀損女の犯行は…

本文で劇場型犯罪と書きましたが、最初からパク・ユチョンの名誉毀損が目的なのか?と疑ってしまうような行動でした。

一風俗従業員であるこのソンという女…が…告訴する前にマスコミに知らせ、ユチョンが警察の取調べを受ける前に『PD手帳』に出演する等の手筈を整えることが出来ますか?

ヤラセの可能性が高いということです。

では誰の指示によって動いたのでしょう?

この事件の闇の深さを思うと背筋が凍って、今もユチョンが狙われているのでは?と不安感が増します。

どれだけの心の闇を抱えて生きて行かなければならないの?

どうか、この厳しい時期を耐えて生きて生き抜いて下さい。

今、祈るしか出来ないけれど…心だけはそっと寄り添っているからね。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akl81.blog.fc2.com/tb.php/1653-ae05897e